肌断食9ヶ月経過画像ブログ 徐々に乾燥から解放湯シャンのやり方洗顔法

宇津木式肌断食9ヶ月経過写真

肌断食9ヶ月間のまとめ記事はこちら

2017年2月3日から肌断食を開始して、

今月11月で、9ヶ月目となりました。

 

9ヶ月経過の肌写真です。

・毛穴の開き

・乾燥による粉吹き

・角栓

など、まだまだ目立ちますね。

 

それでも、開始時に比べたら、うんとマシになりました!

➡肌断食を開始してすぐの、一番荒れている時の肌写真はこちらで御覧ください。

 

現在のスキンケア方法

今(※2017年11月時点)私は、朝は水洗顔も何もしていません。

これは、

「肌断食を9ヶ月間続けてきて、皮脂分泌の量が落ち着いてきたこと」と、

「これから寒い季節になってきて乾燥しやすく、朝は放置の方が私は乾燥しないで済む気がすること」が理由です。

 

それとこれが重要ポイントで、

肌が綺麗だった頃は、朝なにもせずに学校行ってたなーと、思い出したからです。

➡自分の肌がキレイだった頃に、少しづつ戻していくのが肌断食のゴールだからです。

 

※追記「現在(2018年1月時点)では、朝晩のぬるま水洗顔を行っていて、乾燥する時は無理せず純ワセリンをつけています。」

 

・そして、夜はというと、

お風呂のときに、手にぬるま水(ぬるま湯よりも少し冷たい34度以下の水)をすくって、

そこに顔全面をつけるようにして、すすいでおります。

身体も頭髪も同様に、ぬるま水で流すだけです。

※(決してこすらずに、手にすくったぬるま水の水圧で、軽く手を押し付けるように顔全体で繰り返すイメージ)

湯船には入る?

湯船、入ります。

※しかし、私の身体の肌は、顔同様に今まで過剰に洗浄剤で洗ってきた期間と同じ分だけ、敏感になっていました。

なので、風呂の温度が高すぎると、身体の肌がすぐに乾燥してしまいます。

 

肌が健康に強い状態に育つまでは、

湯船に

・入る頻度

・入っている時間

・お湯の温度

に気をつけていきます。

すこしでも乾燥していたら、その日はシャワーだけで済ますなどしています。

それか、どうしても寒くて湯船で温まりたいと思った時は、

ホントに20秒くらいだけ入って出ます。笑

 

※追記「現在(2018年1月時点)は寒くてもほぼシャワーのみで、そのぶん浴室や部屋を温めておいてから、なるべく素早く済ますようにしています。それにより、乾燥がかなり抑えられました。朝晩でぬるま水洗顔をし、乾燥したら純ワセリンをほんのちょとつける感じです。」

 

私が肌断食を開始してすぐの頃は、

肌を少しでも早く強くしようとして、なるべく湯船に入らずに、ストイックにシャワーだけで済ましていました。

 

しかし、一ヶ月くらい洗浄剤も使わず、「シャワーだけ」を続けると、

身体の肌に垢が溜まって黒ずんで来るんです。

 

これは、今までは洗浄剤による過剰な洗浄によって、常時流し落とされていた角質です。

この角質の下にある、新しい肌細胞を守って育たせるためには、

はある程度放置が必要で、100%悪者というわけではないんです。

要は、カサブタみたいなもんですね。

 

身体の肌もキレイな人は、

この新陳代謝のバランスが正常な状態だから、洗浄剤を使っていてもキレイなのです。

 

だから、自分の身体の肌が敏感になっているな、と思う方は

ぜひ、身体でも肌断食を実践してみて下さい。

これから私も顔の肌と並行して、身体の肌経過写真も撮っていきたいと思っています。

 

湯シャンはどうしている?

私は、顔と身体の肌断食と同時並行で、湯シャンを行っています。

 

私の頭皮も、身体と同様に今まで洗浄剤で過剰に洗いすぎてきた分だけ、敏感になっていて、

元々備わっていた皮脂分泌のバランスも、相当壊れた状態になっていました。

 

なので、頭もざっくり言って、水圧の弱いシャワーでぬるま水(ぬるま湯よりも少し冷たい34度以下)を優しくかけて終わりです。笑

 

これ、始めるとどんどんフケやら脂やらで大変なことになります。

でも、それも、今まで合成化学物質がたんまり含まれた、

・シャンプー

・コンディショナー

・トリートメント

などを繰り返し使ってきて、これらに頭皮が依存してしまっている状態だからなんですよね。

 

まあ、小さい頃から当たり前のように使ってきたものなので、

こればかりは、元あった素晴らしい状態に戻るまでには、相当時間がかかると思います。

 

なので、無理せずにゆっくり少しづつ行っていくことが必要です。

 

具体的には、

まずは週末だけ湯シャンして様子をみる

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

しばらく経って頭皮の状態が慣れてきたら、湯シャン日とシャンプー日の間隔を減らす。

という感じで無理なく自分なりにやってみるといいですね。

 

あまりストイックにやりすぎると、

私は短髪なのでまだいいですが、

女性の長髪の方だと、皮脂を落とすためにすすぎの時間がすごく長くかかってしまうと思います。

 

なので、状況に合わせて、

シャンプーを使う時も、なるべく頭皮にはつけないようにしていってみて下さい。

 

頭皮の肌状態も、ゆっくりと改善してきます。

そして継続すれば、生え際に徐々に産毛が復活してきます。笑

 

なにか聞きたいことがあったら、お問合わせからご質問くださいませ。

お読み頂いてありがとうございました。

 

関連記事
宇津木式1年経過男の洗顔やり方失敗しない石鹸&ワセリンの使い方ブログ

 



  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る