努力や後悔は決して無駄にはならない。ずっと心の炎として燃え続ける。

私は昔から頭は良くないし、なにか個性があるわけでもなかったです。

だからこそ、

大学生になってまで続けたハンドボールだけは、誰にも負けたくなかった。

 

誰よりも影で人一倍トレーニングして、誰よりも走ったつもりです。

 

そうして、苦労して培った強い身体でした。

でも、なにかが足りなくて、、

身体は強いはずなのに、他の何かが弱っていく一方に感じていました。

 

大学のチーム内のタイム走でも、決して速い方では無かったけど、

絶対一番になりたかったから、

オフの日にも、疲れていても、欠かさず一人で走り続けました。

 

そうしてやっとの思いで、チーム内で2位というところまでたどり着けました。

 

でも、焦りすぎて、急ぎすぎて、壊れてしまいました。

身体が持たなかったんです。

心と身体のバランスにじわじわギャップが生じていて、

一気にそれは崩れていきました。

 

自分のあまりのあっけなさに、絶望しました。

何度も嫌になってしまいました。

 

それでも、、

その時流した汗は、私の中にずっと在って、

その時流した涙も、私の中にずっと在る。

 

自ら壊してしまった あの時 の後悔は、

今も私の血となり肉となり、骨となって存在し続けています。

 

あの日々に灯した心の炎は、

今も私の胸の奥で、たとえかすかでも燃え続けています。

 

そしてこれからもずっと、この火は自分の中で守り続けていきます。

 

 

 

 

お読み頂いて、ありがとうございました。

くさい記事だな・・って思いました??笑

この記事は、SEKAI NO OWARI「炎の戦士」という曲を聴いて、

私の経験と照らし合わせて書き綴ったものでした!

 

文字通り、心の奥で炎が燃えてくるような、そんな力強い曲です。

また、この曲は、SEKAI NO OWARIの曲の中で、私が一番好きな曲でもあります。

 

リーダーの「Nakajin」さんが作詞作曲した曲です。

魂にビリビリ響いてくる曲ですので、

ぜひ、あなたも一度でいいので聴いてみて下さい!!!

 

※下記動画は、私が実際に歌ってみた動画です!

大好きなので歌っちゃいました。笑

下手くそですが良かったら聴いてやって下さい。。

↓その他のセカオワ関連記事↓

「夢は叶えるモノじゃなく、共に泣いたり笑ったりするモノなんだ。」

どんなに死にたいほどの悩みでも、解決できるのは自分自身だけ。

「辛い・哀しい・苦しい・死にたい」は、全部人生の「プレゼント」?

いつか心の底から笑えるその日に向かって、今を精一杯生きよう。

「永遠なんていらない。 終わりがくれる今を愛したいの。」

 



  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る