「ゾーンに入る感覚」は、人間なら誰にでも起こりうる体験??

あの感覚が忘れられない。

 

 

 

 

 

※あくまでも一つの個人的見解に過ぎません。考え方は日々変化しておりますのでくれぐれも鵜呑みせず粗探しせず盲信せずにお読み下さい。

 

 

 

 

 

 

 

スポーツ選手がよく言う、いわゆる「ゾーンに入る」というやつ。

 

その感覚を初めて体感したのは、高校から始めたある競技の2年目くらいの時だった。

 

自分のためはもちろんなのだけど「誰かのために本気で競技を頑張ろう」と心から思えたときに、突然ゾーンは自分の目の前にやってきた。

 

「ゾーン」に入ると、全力で動いても全然疲れない。

 

そして対戦相手と戦っているのが心から楽しくて本気でワクワクする。

自分でも不思議なくらいに、身体から力が湧き上がってくる。

 

 

ゾーンを経験するまでの私は、練習中も試合中もどこか気持ちがフワフワしていた。

 

観客ばかり気にしてただカッコつけてプレーしていたり「自分だけが点を獲れればそれでいい」という自己中プレーばかりだった。

 

「仲間のためにも、絶対に負けたくない」

「このメンバーで、もっと勝ちたい、少しでも長くハンドボールがしたい」

そう思えた時「ゾーン」に入った。

 

あの感覚は言葉では上手くあらわせないが、「死ぬ気でやる」という言葉の意味を一番体感できていた気がする。

 

相手にやられるか自分がやるか。

生きるか死ぬかの戦いのなかにいる感覚になる。

 

それでいてその状況をめちゃくちゃ楽しんでいる自分もいる。

 

そこに少しでも「不安や恐怖」がある時は、ゾーンには絶対に入れなかった。

 

偽りなく心に迷いがなくなった時に初めて入れる感覚

忘れることができない感覚。

 

数多のアスリートが競技に人生をかけられるのは、きっと「あの感覚」がやめられないからだろう。

 

 

引かれるかもしれないが、あれはまさに快感だ。

 

 

あの時間は間違いなく周りの人とは別次元に自分の身が置かれる。

時間があっという間に感じたり、一瞬のシーンが止まってゆっくりに見えたりする。

 

「普段は滅多に発揮することのない脳の機能」が、ある条件を満たすと活性化して表面化するのかもしれない。

 

ゾーンに入れた試合で負けるととんでもなく悔しい。

それがたとえ何も重要ではない練習試合であっても。

 

私は「自分より少し強い相手」と戦っている時に、特に強くゾーンに入れた気がする。

「おらワクワクすっぞ!」みたいな。

 

私の高校は弱小校だったので、格上の強豪校と練習試合をしたときは特に「勝ちたい」という気持ちが止まらなくなってゾーンに入りまくった。

 

その試合に引き分けたとき、ただの練習試合なのに本気で泣きそうになった。

なぜかその日はたまらず悔しかったのを今でも覚えている。

 

きっとゾーンに入っていたから、頭が湧いちゃっていたのだろう。

 

私の場合はまだスポーツの場でしかゾーンを体感したことがないが、これはある人は将棋の対局中だったり、楽器の演奏中だったり、またある人は仕事中だったりに体感することもあるのかも。

 

 

ゾーンは、「自分自身を100%で信頼できているとき」に感じるのだと思う。

 

自分の人生の中で、どんなことに自分の命を燃やすのか。

そんなことを考えさせられる感覚だったな。

 

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

※あくまでも一つの個人的見解に過ぎません。考え方は日々変化しておりますのでくれぐれも鵜呑みせず粗探しせず盲信せずにお読み下さい。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る