【※随時更新中】日本に上陸した「コロナウイルス」に注意

随時更新

 

 

 

コロナウイルスが日本に上陸

 

内海聡医師の見解

 

 

予防策↓

・人が密集する場所や電車にはなるべく行かない乗らない

・通常のマスクでは防御が薄いので、できるだけN95マスクなどの上質なマスクの着用

・手袋も出来れば着用

・手洗いうがい(イソジンが有効らしい)

・目を手で直接こすらない

・鼻をほじらない

・免疫力を高める食事(納豆・キムチ・ぬか漬け・味噌汁・ニンニク・生姜・山芋・人参など)

・体を冷やさない

・酒アルコールはなるべく控える

・外出から帰宅したら衣服を払ったり出来ればアルコール消毒する

・部屋に入る前にシャワーか、エアーブローで表面のウイルスを飛ばす。

・健康なら毎日軽い運動で汗をかく

・大衆が危機感を抱く前に水や食料の備蓄を用意

・SARSウイルスは48時間手すりなどに生存できるので、ナイロンなどのウィンドーブレーカー着用

 

 

追加情報↓

 

・黄砂に乗ってコロナウイルスが日本に飛んでくる

・普通に遺体を燃やしてもウイルスは拡散するのでホルマリン漬けで土葬するのがセオリー

・せき、飛沫、接触感染なので病院の待合室でうつる

・一番の感染源は医師と看護師、駅やショッピングモールもヤバイ

・アメリカ国防総省のエージェントに知人がいる内海医師は「ファミリー、パリロスチャイルド、優生学信者のロックフェラー……超金持ちの「道楽」でやってるかもしれない。」

とのこと。

 

 

内海聡医師、この人がどんな経歴の人かは下記に↓

出身校 筑波大学医学専門学群卒業
職業 医師
活動期間 2000-現在
肩書き Tokyo DD Clinic院長
NPO法人薬害研究センター理事長

 

この人の言うことも、「盲信しろ」と言いたいわけではないです、しかし可能性として十分あり得ると思います。

 

自分で対策まとめ動画作りました。

様々な意見・見解・あらゆる可能性を把握

「オリーブの木」黒川敦彦氏の見解

 

黒川氏の経歴↓

1978年9月6日愛媛県今治市に生まれる。

大阪大学に進学し、大学では工学部に所属した。 大学卒業後の2001年4月、就職せず学生時代から関わりのあった大阪大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー(VBL、現大阪大学産学共創本部)の研究員に就任し、2004年3月まで在籍した[2]。また同時期、大阪TLOのコーディネーターを兼任した。

企業設立の支援事業などに取り組み、2003年から独立し会社を立ち上げる。 2003年4月、大阪大学フロンティア研究機構アシスタント・プログラム・フィクサーに就任し、同年9月まで務める。 同年11月、株式会社アイキャットの代表取締役に就任。その後、2004年9月にアイキャットの非常勤取締役に退き、新たに株式会社サインポストの代表取締役に就任した。なお、2018年現在、黒川自身はサインポスト・アイキャットの経営には携わっていない[3]

2011年春、今治に帰郷し、農業と地域振興事業に取り組む。

2017年10月、第48回衆議院議員総選挙山口県第4区から無所属で出馬するも、落選[4]

2018年6月、今治市議会議員の黒川美樹と正式離婚、3人いる子どもの親権は黒川美樹が取得している[5]

2019年7月21日に行われた第25回参議院議員通常選挙には小林興紀天木直人らと共同で設立した確認団体オリーブの木」の代表として参議院比例区より立候補したが落選[6]

 

何らかの団体に所属している人は、何らかの忖度がある可能性は高いですね。

なので「常に疑う」ということは最低限必要な世の中になってきている気がします。。

私個人の見解

ここからは私個人の妄想空想おとぎ話なので絶対に信じないで下さい。

 

・国際銀行家の「自作自演生物兵器での人口削減」である説

・世界中の「中国へのヘイト」を高めて疑心暗鬼にさせて分断を狙っている国際銀行家勢力の動き説

・CNNや世界保健機関(WHO)が「国際金融資本家の傀儡メディア」であることが明白なことから、やはり自作自演の疫病テロである説

・日本のTVメディアで「身の危険や大衆の不安を煽る動き」が優勢なら、「中国へのヘイトを高める狙い」である可能性が高いし、「お気楽無関係ムードに誘導する動き」が優勢なら、「生物兵器テロによる人口削減説」である可能性が高い

・これによって誰が得することになるのか、このパンデミックによる「お金の流れ」はどうなっているのかを考えると、「中国を悪者にしたい勢力」が得するし、「日本人を適度にブッコロしたい勢力」も得するし、大衆に「ワクチン」を打たせたいという動きも狙いにあるかもしれない

・「世界の人口を70億人から5億人まで減らすと公言しているNWOという勢力」

が実在することから予想できることと「23日にWHOが緊急事態宣言を見送り、世界的な脅威と指定するには時期尚早と発表したこと」から予想するには、今年の東京オリンピックまでウイルスの蔓延を粘って拡げ、大災害と疫病のダブルパンチで一気に日本を潰しにかかる

・台湾の暴動デモから市民の意識を逸らす狙いがある

・カルロスゴーンの日本脱出にも繋がる

(追加↓)

・始めから用意されていたかのようなワクチン完成には注意が必要。(ワクチンを打たせたいが為の茶番である可能性も0では無い)

1988年に公開されたアニメ映画「AKIRA」での予言の日は、2020.2.29です。

 

 

1988年に公開されたのに、2020東京オリンピックを予言できている時点で作者の大友克洋が「計画者」から情報を与えられていたことは明白です。

↑「中止だ中止」

 

立派なサブリミナルです。

 

何もないことを祈るばかりです。

不安を抱くばかりでは仕方ないかもしれませんが、「可能性として色々な情報を知っておく」ということは、決して無駄なことではないと私は思います。

 

可能性は0ではない「茶番説」

 

補足として説明しときますが、この動画投稿者は、過去に何度も日本でのフェイクニュースを事前に予想動画を出して的中させています。

国家ぐるみの自作自演の茶番ニュースは実際に過去腐る程マスコミによって流されていました。

 

そして、人口削減を実際に掲げている勢力は、カバラ数秘術という悪魔崇拝の数字遊びを、日本の傀儡メディアの中でチラつかせまくっているのは明らかな事実です。

 

なので、この可能性も0ではないと思います。

 

この場合、このウイルス自体が嘘というわけではなく、

・自作自演の人工生物兵器であることのサブリミナルメッセージ

である可能性が高いと思います。

 

「わざとウイルスばら撒きましたー!家畜市民共ざまあ!」

っていう、「無知な市民を嘲笑うメッセージ」だと思います。

 

ニュースの中で頻繁にこのウイルス画像をチラつかせるのも、これが本物のウイルス画像かどうかを証明できなければ真偽はわからないことだと思います。

 

9、11や3、11などの大量虐殺を自作自演でやってしまうような連中に支配されているのが今の日本の全メディアですから、この見解が事実でも今更驚くこともないと思います。

 

そして、今までの数えきれないサブリミナルに辻褄が一番合うのはこの解釈だと私は思います。

 

「陰謀論として遠ざけていた都市伝説」が実は「都市真実」だったと痛感する日が近いのかもしれません。

 

「陰謀論」という言葉すらも実は市民自らの首を締めている「ミスリードワード」にもなり得るということだと私は感じました。

色々繋がる「おかしなタイミング」への疑問

そして、もう一つ、これは考え過ぎかもしれませんが、あらゆる可能性を想定するのなら、

「グローバリストであるカルロスゴーンの日本脱出」「中国の連休期間春節」に加えてこのタイミングでちょうど雨や積雪予想などが急激に多い週になった気がします。

 

人工地震兵器ならびに気象兵器の存在も国際軍事上の常識とされている事実ですので、やはり悪天候により人が密集する公共交通機関をなるべく多く利用させたい動きも予想されます。

 

電車などに乗る際は、十分対策を準備してから利用してください。

「武漢周辺での急遽病院建設中」についての疑問

そして、武漢周辺の土地で急遽大量のショベルカーで「新設病院を複数建設中」とのことですが、これは遺体を大量に処分するための施設なのではないかと私個人的には予想しました。

 

 

 

以上、「妄想お伽話」でした。

 

 

 

万が一のためにも、できることはやっておいて損はないはずですね。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 



  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る