【自分を大事にする思考法】感謝を他人に強要する人からは距離を置く

感謝は人から強制されてするものではない。

純粋な感謝っていうのは、「人に言われて無理やり出す感情」ではなく「自分の内側から勝手に湧いてくる感情」ですよね。

 

「~してあげたんだから感謝しなさい」

「~してあげたのに、感謝しないなんてお前は薄情なやつだな」

 

とか言ってくる人からは、積極的に距離を取っていきましょう。

「見返りを求める愛・お返しを求める親切心」はやがて逆恨みに繋がる。

「NARUTO-ナルト-」の、うちはオビトは言いました。

「人は愛情を知った時…憎しみのリスクを背負う」

物語との状況とスケールは違えど、

 

自分が愛を与えたからといって、相手が同じように愛を返してくれるとは限りませんよね。

 

自分が親切にしたからといって、相手が返してくれない時に憤りを感じてしまう時点で、それは「無条件な純粋な愛」ではなく「自分が愛されたいがためのエゴからくる親切心」なんですよね。

「お返しをもらえなかった途端に不機嫌になる人」

「誕生日プレゼントをあげたい」

その動機が「自分もお返しを欲しいから」という理由だとしたら、それはただの「自分が愛されたいがための親切心」だと思います。

 

プレゼントをあげることは悪いことではないし、もらった人はもちろん嬉しい。

けど、「お返しをもらえなかった途端に不機嫌になる人」とは、私はそっと距離を置きたくなります。

気持ちはわかりますけど、本当の深い関係にはなりたくありませんよね。

 

ここらへんの線引きって、なかなか難しいところではありますけどね。。

 

でも、

「あんなに良いプレゼントをあげたのに…」

「あんなに親切にしてあげたのに…」

こういうのって、ちょっとめんどくさくないですか?

 

※もちろん「最低限の礼儀やお互いのリスペクトがある上で」というのが大前提としての話です。

 

 

親切にしてくれたのは本当にありがたいことです。

でも、それを恩着せがましく後から追求してくるのなら、最初からしてくれない方がお互いの為でもあるはずです。

NARUTOから学ぶ、「本当の意味での友達」とは?

「見返り求めて譲歩し合う上辺だけの人間関係」に過度に気を遣ってストレス溜まる毎日って、個人的にはくそめんどいです。

 

それに、結局そういう人っていうのは「自分にとって本当の意味での仲間」ではなく「自分にメリットがある時にだけ寄って来る薄っぺらい人間関係」な気がするんですよね。

 

そういう人ほど「自分にメリットが無くなった瞬間に手のひら返して知らんぷりする薄情者」だと経験上思います。

 

こんなこと言ってるから私には「友達」が少ないのはわかってます。笑

 

 

でも、

「本当の意味でお互いが大事に思えている仲間」っていうのは、

 

常に一緒にいて愚痴を言い合って依存し合う関係

ではなく、

本当に相手が困っている時にこそ、自分への見返りを求めずむしろリスクを負ってでも、自分から勝手に力になろうとしてくれる関係」だと思います。

 

それももちろん、最低限の礼儀やリスペクトがあって信頼関係がある上での話ですけどね。

 

 

その大前提が成り立つ上で初めて、「仲間を大切にしない奴はクズ」というオビトの名言の本当の意味がわかるんだと思います。

 

カカシが「仲間の命」よりも「忍者の掟」を優先しようとした時に、オビトはこう言いました。

 

オビトは、カカシから上忍祝いのプレゼントを催促されて鬱陶しがっていました。

 

 

でも、カカシが「忍者の掟」よりも「仲間の命」を優先して助けに来てくれた時、

オビトにとってカカシが本当の意味での仲間になりました。

 

だからこそオビトは、「見返り求めない愛」で「上忍祝の写輪眼というプレゼント」をカカシにあげたのだと思います。

 

ちょっと無理矢理感はありましたが、言いたいことをわかってくれていることを願います。

例えわかってくれていなくとも、それでいいと思います。

 

それが私にとって今「あなたに渡したいプレゼント」です(…は?)

 

ちょっと意味わかりませんねすみません。笑

 

 

でも、

「ドン引きされてもいいしお返しくれなくてもいいから、伝えたい気持ちを正直に書ける場所」がブログです。

 

でも、「反応無いとちょっと寂しい気持ち」もわかるし、「拗ねたくなる気持ち」もぶっちゃけわかります。

なので「見返りを求めること」が100%悪いと言いたいわけでもありません。

 

見返りを求めずに書いた正直な気持ちに反応をくれる人っていうのは、自分の本音に共感してくれた人なのかなって思って嬉しくなります。

クレーマー大国の現代では、神様お客様に要注意。

「何かお返ししたいな」って純粋に思えた時にお金が発生するのが健全な経済循環ですよね。

 

「サービス価値に対しての感謝の大きさ」を、お金に変換してやりとりするのが「経済の本質」ですよね。

 

そういう「貨幣に対しての本当の価値観」が崩壊し始めているからこそ、「お金を払ってるんだからクレーム言うのが当たり前」みたいな「神様お客様」がたくさん溢れているのかもしれません。

 

「金払ってやってんだから感謝しろよ」

とか言ってくる人がいたら距離とりたくなりませんか?

 

そして1番タチ悪いのは言葉ではハッキリとは明言せずに遠回しにその旨をぶつけてくる人ですね。

「私はそんなこと言ってない」

たとえ言葉で言って無くても態度で相手に伝わってるならそれはもう悪意です。

 

もちろん、お金払ったのに雑すぎるサービスや商品だったらハッキリ批判するのは本当の意味でお互いの為になる場合もありますし、心の中で思っていても口に出さない方が良い場合もあるのは当たり前です。

 

そういう最低限ちょっと考えればわかることに対しても難癖をつけてマウント取ろうとしてくる人」に限って感謝を強要して来がちだと思ってます。

 

 

なんか愚痴記事になってしまいましたが、結論です…

結論

自分の心を大事にするには、

・エゴからくる親切心に対して感謝を強要してくる人とはそっと離れる

・過剰に見返りを求めてくる人とは距離を取る

 

・自分が本当に困っている時に見返りを求めずに心配してくれる人を大事にする

・自分の正直な気持ちに対して見返りを求めずに共感してくれる人を大事にする

 

「なにかしてあげたい」と心から勝手に湧き出る感情こそが「本当の意味での感謝」

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 



  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る