悪魔崇拝ってホントに存在すんの?ただの都市伝説じゃないの??

 

あなたはこの動画を観てどう感じましたか?

幸福の科学「与国秀行」という人の動画です。

幸福の科学だから怪しいと思うのはわかりますが、動画の中では紛れもない事実が確かに提示されています。

 

ぶっちゃけ喋り方も胡散臭いし、信じられない人が多いかもしれません。

私自身もこの「与国秀行」という人物を盲信しているわけではありませんし、詳しくも知りません。

 

でも、誰が言っているか」よりも「何を言っているか」が重要だと思いましたので、今回この動画をご紹介しました。

(※幸福の科学がどうとかは一旦置いといて、この動画の内容を客観的に観ていただけたらいいのかなと思います。)

悪魔崇拝者は100%存在している。

というのがこの動画の内容です。

 

しかも、いわゆるエリートと呼ばれる世界の実権を握っている層、そこにたくさんの悪魔崇拝者が存在しているということなんです。

 

そして、悪魔崇拝者たちは世界中の罪のない無垢な子供たちを弄んでいます。

これは証拠も多数ある事実です。

 

子供に性的虐待をしたり、生きたまま子供の血を飲んだり、子供の人肉を食らっているという証拠もたくさんあります。

 

悪魔崇拝というと他人事のただの陰謀論のように思えるかも知れませんが、実際に逮捕されている有名人も海外にも日本にもめちゃくちゃいます。

何度も言いますが、これは今現在も紛れもなく存在している事実です。

今は亡き「元FBI・LA支部長」の告発

「元FBI・LA支部長テッド・アンダーソン」の、悪魔崇拝組織についての告発の様子が動画にも載っていました。

 

・現在のアメリカには悪魔崇拝者が300万人以上いる

・悪魔崇拝者たちが教科書としているクローリーという人物の文献を紹介

・「完全に無垢で高い知性を持った少年が一番申し分なく適切な生贄だ」

・「エネルギーが逃げないように、円の内側または三角形の中で殺されるべきだ

 

ちなみにテッドアンダーソンはこの告発後に集団ストーカーを何度も訴えながら死にました、暗殺されたと噂されています。

「集英社少年ジャンプ」に繋がる悪魔崇拝の闇

クローリー」って少年ジャンプの「D.Gray-man」の中に出てくる吸血鬼のキャラでクロウリーっていましたね。

 

そして、円の内側・三角形の中で殺すという描写も、少年ジャンプの「NARUTO」の暁という闇組織のジャシン教を崇拝しているキャラの飛段そのものです。

儀式と称して殺戮に快楽を感じる作中でもかなりのイカれたキャラです。

岸本先生、これ偶然ですか??

 

 

鬼滅の刃の食人鬼

 

 

約束のネバーランドの食人鬼

 

ジャンプってこういうのまじで多すぎませんか?

 

 

「だから何?」って思うかも知れませんが、実際にこういう作品の中に悪魔崇拝儀式の描写を埋め込むだけで、人間の潜在意識にこういった情報が刷り込まれるんですよね。

だから、無意識にその情報についての耐性がつくというか、実際に行われていることだと知されても大して問題視できにくくさせられる可能性があるんですよね。

なのでこの記事を見てもあなたがそれほど問題視しないということは、こういった無意識的な刷り込みの成果なのかもしれません。。

 

悪魔崇拝組織は、集団心理を操るプロですからね。

一般市民を家畜のように誘導するためにアニメや漫画を利用いているという説もあります。

 

集英社のスポンサーは過労死で有名なあの闇の深い大企業「電通」ですもんね。

電通と言えば欧米グローバリズムに支配されていますし、集英社は悪魔崇拝組織の傀儡でなおかつ若者への洗脳装置なのかもしれません。

本当かどうかはわかりませんけどね。。

常識を疑わなければいけない時代。

日本には「テレビで大々的に報道されないことは、事実ではない。」という風潮が、大多数の人の思考の中にありますよね。

「こんなことが事実ならばニュースで大事件として報道されるはずだろ」っていう老害概念がまだ根強く残っていると言われています。

なんでもかんでも老害認定するのも良くないですし、仕方ないことだと思います。

 

でも、最近は少しずつ若者にはバレてきていますね。

ネットが普及した今、欲にまみれた醜い大人たちが、いかに多くの嘘をついて子供たちを騙してきたか、ということが。

 

そして、日本人の大半は、その恐ろしいシステムを知らぬうちに、意図せずとも守り続ける奴隷傀儡にさせられているのだと私は思います。

だから、少しずつでいいから、多くの人がだた気付くだけでいいと思ってます。

 

世界で実際に起きている事実を知る。

自分たちの住んでいる惑星の闇をまず知ること。

 

それこそが少しずつ周りの人たちにいい影響を与える為の、地球をより良い場所にするための第一歩になるのだと思います。

 

今までは「虚構の自由」の中に生かされていただけだと気付くはずです。

 

そして、気付いた人から少しずつ自分なりの愛を拡げていき、この地球の闇を受け入れる準備を整え、みんなで「本当の自由」に向かって進むことができるのかなって思いました。

マイケル・ジャクソンは殺されたのか・・・?

あらゆる部分が繋がって辻褄が合ってしまうのが怖いところですね。

 

知れば知るほど、本当に怖い世の中です。。

 

 

 

「心を閉ざしたら

精神の目も閉ざされてしまうよ

だめ、精神の目を、目を閉ざさないで!

この男から鏡の中の男から変わるんだ

自分を見つめる勇気を出した人間が

僕ら一人一人が 世界を変えるその人なんだ

メッセージは単純明快

よりよい世の中を望むなら 自分を振り返って変えることさ

本当の喜びを知ることができるよ、きっと

by Michael Jackson「Man in the mirror」

 

心に刺さりますね。。

 

 

「偽りの中でウソの微笑み浮かべて生きる人を

幼き自分と重ねて見てため息つく

どんな色にも染まらない黒になろうと誓った

I believe myself あたたかい光は

まちがっちゃいない歩いて行こう

I believe」

by 絢香「I believe」

 

きっと闇を知っている人は、無理して偽った笑顔で生きている人を見て、密かに憂いているのだと思います。

それを本人に伝えることはしないひとがほとんどでしょうけど、遅かれ早かれ、少しずつみんなが世の中の闇に気付いて本当の自分自身を取り戻していくのだと思います。

 

 

 

「目にも止まらぬスピードで 金の亡者が決めたスピードで

いつか何処かに落とした宝物探してる 同じ所

結局どっちが勝ったんだったけな?

やわらかい胸で聞いた『ウサギとカメ』

気がつけばまた紅い夕暮れ

今夜帰ったらアイツに聞かせよう」

by 斉藤和義「ウサギとカメ」

 

目先の虚構の自由を手にする為にウサギを目指すのも自由ですが、やはり最後に本当の意味で充実感や愛を得るのは、カメのように少しずつ一歩ずつ自分のペースで進んで生きる人だと信じたいです。

私はこの曲をそういうふうに解釈してます。

 

でも、本当は全部の選択が後々になって振り返ってみたときにはすべて「学び」になっていたことに気がつくのでしょうね。

それら全部を含めて「人生」というゲームを、この地球にプレイするために両親を選んで、わざわざ産まれてきているんだと信じちゃってる「やばいやつ」が私です!

 

以上、<黒歴史倉庫>行き決定の記事でした。笑

ありがとうございました。

 

 



  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る