この人がどんな人なのかはわからないが、この言葉には嘘は無いと思う。

元俳優の山本太郎さんの演説動画です。

別にこの人の信者でもなんでもないし、たまたま見てみただけの動画です。

だけど、見てたらすごく心打たれましたので紹介します。

政治のことは正直よくわからない。

けど、この人のこの動画の言葉には、「想い」を感じました。

 

どう見ても腐ってるような政治家よりも、こういう人のことの方がまだ応援したくなる気がします。

 

この人が本当は嘘をついているかもわかりません。

でも、少なくとも共感できる部分は多かったです。

 

年間2万人以上の自殺者が出ている日本。

行方不明者は年間8万人以上。。

 

今は戦時中でしょうか…?

とてつもなく闇の深い国です。

 

表面的な情報操作に踊らされメディアに洗脳されて平和だと思わされ、従順な奴隷にされていることを黙認するしかなくて、本質的な部分では案の定多くの人が我慢の限界を越え自ら命を断ちまくっている国です。

 

もはや自殺に見せかけた他殺のようなもんです。

 

アメリカでは毎年80万人以上の子どもたちが行方不明。

世界では毎年800万人以上の子どもたちが行方不明。

 

明らかにおかしいです。

 

 

平和だと思って生まれて育ってみたら、本質の部分はただの監獄みたいな惑星でした。

 

大多数の奴隷市民は、偽りの自由を与えられ、権力者のためのシステムの中で働かされ、消費させられ、また働かされ、文句や正論を言うと「常識」や「空気」にはみ出し者認定され、勝ち組負け組の椅子取りゲーム。世間体マウントの取り合い、地位や名誉やステータスの比べ合い地獄。

 

真実を語る者は殺されて闇に葬られる。

自殺に見せかけた他殺が堂々とまかり通っている世界の本質。

強者のためのシステムに支障をきたすような存在は排除されてきた過去。

 

腐ってる。

 

けど腐ってない部分や素晴らしい部分も確かにある。

だからそれを増やしていきたいですよね。

 

 

自分にできることってなんなんでしょうか?

あなたにできることってなんなんでしょうか?

 

自分にもハッキリはわからないです。

でも、少しでも考えようとする意識っていうのは、大事なのかなと想いました。

 

そして、まず誰にでもできることって言えば、

「常識という幻想から抜け出して、自分自身を癒してあげること」

だと思います。

 

比べ合いマウント取り合いの競争社会から、少しだけでもいから距離をとって、

「自分の心と体のスペースを確保しようとする姿勢」

が大事かなって思います。

 

ゆっくり一歩ずつ少しずつでいいから、自分の弱さを許せる心の余裕を持とうとすることが大切かなと。

これは肌断食にも繋がる考え方だと思います。

 

 

あなたはこの動画の言葉を聴いて、どう感じましたか?

 

 

 

「間違いだらけでいいじゃないか

街が腐りきってていいじゃないか

そこから覗いてる景色は

天国にも地獄にも変えられるよ

まだ笑うことはできるかい?

まだ歩くことはできるかい?

その通じ合っているような気がする

人を連れて

愛し合う人の間から生まれてきた

僕らの明日が待ってる

きっと世界は素晴らしい」

by高橋優「素晴らしき日常」

 

 

 

 

 

 



  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る