断食8回目。肌断食2年7ヶ月目写真。「スキンケアの常識」について

断食8回目の写真

断食についてはこの動画がわかりやすいです↓

 

 

断食8回目は、2019年8月19日~28日。

5日間の酵素ドリンク断食と5日間の回復期、計10日間です。

 

断食前日の写真

断食2日目

断食4日目

回復食

酵素玄米とか酢の物とか野菜や味噌汁。

油解禁は回復期3日目から。

3日間は肉魚は食べない。

断食終了後から2週間経過

実は断食の効果が一番実感できるのが、2週間後くらい経ったこの時期なんです。

2019年9月16日の写真

断食前と断食後の比較

一ヶ月で断食を経ての変化です。

正直照明の当たり具合で色が全然変わってしまうのですが、個人的にはスッキリした感じがしました。

 

体の変化です↓

 

…ぶっちゃけ、ぱっと見はあんまり変わらないですかね?

腹が少しスッキリしたかな、くらいですね。

体感的にはすごくスッキリするので断食は楽しいです!

 

定期的に無理なくやるのが良い気がします。

経験上その方が、我慢せずに好きなものを食べれるのでストレスがたまらないです。

 

添加物とか毒素蓄積してきたかなーって思ったときに断食するのが良いのかなと思ってます。

大体3,4ヶ月に1回くらいですかね。

 

このスッキリ感は、とりあえずやってみればわかります。

やらなければわからないと思います。笑

 

そして、別にやらなくてもいいと思います。

でも、やるとある意味人生観すら変わるかもしれません。

肌断食開始当初との比較

肌断食開始数ヶ月、一番荒れてた時期と2年7ヶ月の比較です。

断食は回数を重ねるごとに効果が増し、細胞の機能が健康に強化され蘇っていく。

これは8回という回数を重ねてきた自分だからこそハッキリ言えることです。

同年代でここまで5日間断食を実践してる人はおそらく少ないと思います。

 

そんな自分だからこそ、断食の効果は確かにあると実感してます。

 

今振り返ればですが、はじめは3食のうち1食抜くのでさえも苦痛でした。

腹が減ってとてもじゃないけど辛いっていうのが最初でした。

 

でも、今は毎日朝食べてないです。

それが当たり前になっていて、むしろその方が体調良いです。

 

「常識」として当たり前だと思っていたことを、少し変化させて自分の体で実験してみたことで、自分の体の調子をコントロールできる力が少しずつついてきたのかなと思っています。

 

断食はまさに、パワプロの「ダイジョーブ博士」みたいなもんです!笑

失敗するととんでもないダメージですが、成功すると心身共に大成長できます。

 

そのままだとリスクは高いですが、適切なアイテムを使って正しく行えば成功率が大きく上がります。

肌断食も

そしてそれは肌断食においても全くおんなじことでした。

2年半前まで「常識」として当たり前だった「化粧品」での入念なスキンケア。

それも今となっては全く違うケア方法になっていますし、あのときの努力はなんだったんだ、と今でも悔しい気持ちもあります。

 

でも、それがあったからこそ気がつけたことがたくさんありますし、むしろそれがキッカケで色々な「常識」という「洗脳」から目覚めることができたと思っています。

 

自分のなかの正直な「違和感」。

そこにしっかり向き合ったからこそ、色々な「本質」に気がつくことができたとも思っています。

 

それは社会的にはごく少数派な道になるかもしれませんが、それでも自分自身が本音で「なにかおかしい」と思ったなら、とことん納得するまでそこに向き合ってみることには必ず意味があると私は思っています。

 

人間は自分の中の「常識」としていた概念が脅かされそうになると、不安を感じ、その対象を「否定」して「安心」を得ようとするらしいです。

それは自分を守るための本能的な反応らしいので仕方ないことですよね。

 

でも、その常識が本当は自分のためになっていないのだとしたら、少し怖くても一歩「変化」に踏み出してみるのは新たな自分への道につながっているかもしれませんよね。

 

私自身もブレブレで日々変化し続けていますけど、それでいいと思っています。

それを許せるように受け入れられるようになれれば、自分を大事にできるのかなって思います。

 

今までは自分を責めて自己否定して追い込んで「常識」の道を盲信してましたが、本当に「今」自分が信じたい道を一歩ずつ進むだけでいいと思います。

 

これを読んでくれているあなたも、ぜひ自分をあまり追い込みすぎずに許して大事にしてあげてみてくれたら良いのではないかなと思います。

 

ありがとうございました。

 

 

 

おまけ

断食は自分にとって「無知の知」を実感できたキッカケでもあったと思います。

「人体の仕組みについて意図的に教えられていない情報」は確実にあるな、って。

 

そしてそういう隠されることに限って結局は「金」に繋がります。

知られると「金の流れ」が変わるからです。

 

「隠されている真実」っていうのはいつも、得を独占したい人たちにとっては、色々不都合なことばかりなのかもしれませんね。

 

お金がかからずに健康になられたら病院への金の流れは変わりますし、薬無しで健康を得られることが知れてしまったら医薬品業界も「不都合」ですもんね。

 

そんなんばっかですよほんと。笑

 

でも最近は若者がテレビ離れし、YouTubeなどで個人の発信する情報に関心が集まって来てますよね。

DaiGoさんを始め様々な影響力のある方が「真実」を追求していますよね。

 

いい流れでワクワクしますね。

既得権益をぶっこわす!的な人もいますしね。笑

 

「今までどんだけ騙されて、どれだけ搾取されていたのか。」

それに下級国民たちが少しずつ目覚めていく時代に入っていますね。

そしてこういう話は「信じられない人」に話すのがめんどくさくなります。

なので自分で気づくしかないとわかった人から、少しずつ目覚めていくんだと思います。

 

「常識にしがみついた人間は、自分の頭で考えることをやめてしまう。

そんな常識を振りかざす、思考停止人間たちの言うことに、耳を傾ける必要はない。

あなたが自由に生きていくのに必要なものは、常識ではなく知識なのだから。」

メンタリストDaiGo

 

もちろん知識やデータですらも他人の解釈に過ぎないです。

なのでこういう情報すらも、盲信せずに一つの考え方として向き合ってみるべきなんですかね。

大事なのは色々な情報にまず触れてみて自分の考え方を生み出していくことだと私は思いました。

 

ありがとうございました。

 

 

 

断食についてのわかりやすい動画↓

 

 

 



  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る