【鎌倉ぐらし】なんでもない日常こそが奇跡だと気付く時

ゆる日記

どうも、絶賛インドカレー中毒のチッターです。

 

大分あたたかくなってきましたね。

過ごしやすくて最高の季節ですねー。

 

おなじみの半僧坊です。

いつ来ても最高の場所です。

 

自炊のこのパターンに飽きてきた感があります。。

でも、美味いし楽だし安いし調子出る。笑

 

 

 

ゆでたまご美味いですね。

すっかり常連になってきた、行きつけのインドカレー屋さんの野菜カレーとナンです。

ホントに美味い。

今までかなりのインドカレー屋さんに行きましたけど、今のところ鎌倉市内にあるここの味が一番です。

場所は内緒です。(?)

 

インド人の店主の方といつの間にか仲良くなっていました。笑

ホントに飽きないですねー。

 

 

普段行ったこと無い道に寄り道してみると、ちょっとした発見だったり、素敵な景色に出会えたりしますよね。

 

逗子海岸です。

 

おなじみの葉山です。

葉山は人が少なくて好きです。

笑顔にさせてくれたコイツ。笑

 

なんでもない日常って、失ったときに初めて奇跡だったと実感しませんか??

 

その時はただのなんの変哲もない1日なのに。

 

誰かが死んじゃったりしたらもちろんだし。

 

怪我して歩けなくなってもそうだし。

 

病気になったり、風引いたり、あの熱の辛さだるさとか。

 

頭痛い時だって通常時が神に思えるし。

 

胃腸炎の時なんか、どれだけ日常が奇跡だと感じたことか。笑

 

明日もし地震が来て停電したら?

色んな「当たり前」が、一瞬にして「奇跡」に変貌していくでしょうね。

 

普通に飯が食える。

 

普通ってすげえ。。

 

 

 

今日もかなり生きてました。

 

お読みいただきましてありがとうございました。

 



  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る