【ツーリング】真鶴半島 静岡県 熱海城 月光天文台

真鶴

このブログを立ち上げたのが2017年の10月でした。

ブログのトップ画像です。

↑これが2017年の9月に撮った写真でした。この文字は、細い線を何度も重ねまくってかなり気持ちこめて書いた文字でした。笑

 

親に連れてこられただけだったこの場所に、もう一度自分の足で行ってみました。↓

2年弱前に来た時は引きこもっていたので、この場所に来たとき、すごく特別な場所に感じました。

あの時は見るもの全てが特別に感じるような不思議な感覚でした。

当時は、「当たり前」のハードルが極限まで下がっていた状態だった気がします。

 

今回来てみて、大して特別な感じはしなくて、「ごく普通に当たり前にキレイな風景」程度にしか感じなくて、それだけ自分のなかの意識も変化しているんだなと改めて感じました。

 

でも、「相変わらずすごくいい場所だな」と想ったのも事実です。

 

真鶴にあった鳥居と祠です。

ポツンと存在していて、気になってなんとなく止まって写真撮りました。

静岡県熱海

静岡の熱海に着きました。

右上の方に小さく見えるのが熱海城です。↓

ロープウェイに乗ってほんの2,3分で上に上がれました。

 

熱海城↓

山のテッペンにだけ雲がかかってました。笑

よく時代劇でみる籠です。

 

静岡の三島市梅名にあったインドカレー屋さん↓

月光天文台

たまたまグーグルマップで目についた天文台に興味が湧いて、行ってみました。

漫画の「宇宙兄弟」にハマってるので、タイムリーだなって思いました。

きっと導かれたんですね。(?)

↑富士山が見えました。

↓二億八千万年前・・・恐るべき歴史

プラネタリウムはちょうど終わった後の時間でしたのでまたきたいです。

↑まさに宇宙兄弟に出てくるシャロン天文台を思い出しました。

↓施設の職員のおにいさんに40分位宇宙の話をしていただきました。知識量がものすごくてめっちゃ楽しかった。

屋上からの景色は圧巻でした。。

誰もいなくて、独り占めできたのが最高でした。

 

(ここからイっちゃってる系の話です)

ふと思ったんですけど、自分たち人間って、地球のなかではほんの小さなアリンコ程度なもんで、宇宙規模で見ちゃったらミジンコにも満たないくらいの存在なんだなって。笑

そう思ったら、人間の自分からしたら微生物はただのめちゃくちゃちっこい存在だけど、宇宙からしたら自分ら人間も微生物みたいなもんなんじゃないかと。

実は宇宙は誰かとてつもなく大きな生命の身体のなかで、人間はその生命の中の銀河という内臓の中の、細胞という惑星のなかの、DNAという小さな一部分でしかないのかもしれない、、、(は?)

 

でも、アリンコからしたら人間の思想なんて到底理解できない次元ですよね。

人間は自分たちが生命の頂点だと思いこんでいるけど、本当はその人間の思想の概念では到底理解できないような次元から、自分たち人間は監視観察されているかもしれません。。

そう思うと、宇宙のバカでかさも納得行くし、逆にこれだけ広い宇宙で、自分たち以外の知的生命体が存在しないと言い切れる方がおかしい話だと思います。

 

なんかいかにも頭悪そうな文章ですみません。笑

 

でも、

「昔はありえない存在として笑われていた自動車」が、「今ではごく当たり前」になったように。

「昔ありえない存在として笑われていた飛行機」が、「今ではごく当たり前」になったように。

これからは、宇宙の存在が当たり前になってくるのかと思います。

でも、その前にやはり地球の仕組みが健全なものに戻っていって、やはり利権に支配されてテクノロジーが抑え込まれたり独占されたりすることから卒業できなければ、いつまでたっても庶民は一部の者たちにとっての奴隷でしかないのかもしれませんね。

 

本当は一部の者達には、はるか昔から宇宙の秘密が握られているのかもしれません。

庶民に知らされていないだけで実は、既にエネルギーをノーコストで生成できる方法は開発されているかもしれませんし、

となると石油も必要ないから地球環境にもいいし、電気も無限にできるし、どんな食料も安全にノーコストで写真さえあれば無限に複製できる技術は既にあるかもしれません。

 

大衆にとっての「ありえない」は、一部の者にとっては既に「当たり前」なのかもしれません。

 

信じるか信じないかは、アナタ次第です。。

 

 

本当にキレイでした。

施設の職員のおばさんおじさんがすごくいい人たちで、また来たいと思わせてくれる素敵な場所でした。

宇宙が大好きなんだなって感じて、楽しそうにお話されていてすごく癒やされましたし、いーなーって思いました。

 

おそらく自分くらいの若い人が来るのが物珍しかったのでしょうね、受付のおばちゃんたちにいろいろ質問されました。笑

田舎のおばちゃんたちって、ほのぼのしててすっっげーいいなって思いました。

久々にこの、心が暖かくなる感じ。おばあちゃんちに来たような感覚。

ばあちゃんに会いたくなってきますね。

 

田舎の山の中にある所だけど、誰の評価もあるわけでもなく、自分の好きなことを来てくれた人にお話する姿、最高にかっこよかったですね。

 

とりあえず、

早く宇宙行きてえ。

 

 

今日もかなり生きてました。

お読みいただきましてありがとうございました。

 

 

月光天文台のホームページ

 



  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る