世にも奇妙な物語「フリースタイル母ちゃん」がまさかの超感動回だった?

 

たまたま今日世にも奇妙な物語がやるのを知って、観てみたのですが、、

フリースタイル母ちゃん」という一見ギャグっぽい題名の話だったので、

最初は全然期待してなかったのですが、結論、めちゃくちゃ感動しました。笑

 

テレビ番組の「フリースタイルダンジョン」はよく観てたんですけど、

改めてラップの奥深さだったり、メッセージ性に心打たれました。

 

ヒップホップのラッパーとかって偏見持たれやすいと思うんですが、

これも聴かず嫌いな人が多いだけで、聴いてみると意外とハマる曲も多いんですよね。

 

(※以下、ネタバレあり)

 

このフリースタイル母ちゃんは、

「母ちゃん」と「フリースタイルラップ」という、一番程遠いような存在をかけ合わせた物語で、

パートで忙しい庶民的なごく普通なおばさんが、ある日偶然通りかかった露店の不思議な店主から、

変哲もない「口紅」をもらうのですが、この口紅が不思議なチカラを持っていて、

その口紅を塗った途端、おばさんに超絶ラップスキルを降臨させるんですよね。笑

 

そしておばさんは、この不思議な口紅の力を借りて、

パート先の腐った店長、腐った客を次々とラップでディスり倒していくんですよ!笑

 

そしたらおばさんも楽しくなっちゃって、調子に乗ってルンルン気分で家路についていました。

 

しかしそこで新展開、、

何やら道の先で、おばさんの中学生くらいの息子さんが、大人のラッパーが大勢たむろしているところに連れて行かれている様子。

おばさんもこっそりついていって、口紅握りしめ、勇気を出して息子の元へ近寄り、

「コウタ!こんなとこでなにしてるの!」と言うと、

ラッパーのリーダー格の一人がおばさんに近寄り、

「偏見すんじゃねえ!息子の方から自分からラップがやりたいと言って俺達んとこきたんだぞ?」とハッパかける。

どうやら息子は反抗期らしい。

おばさんは口紅があればまた論破できると調子づいてラップでディスるが、さすがラッパーのリーダー格。

簡単には勝てずに結局おばさんはその日は圧倒されて負けてしまう。

 

しかし次の日、ふと不思議な露店にもう一度寄ってみると、そこで店主がちょこっとアドバイスしてくれた言葉におばさんは何かヒントを感じたのか、

ラップで大事なのは愛だとわかり、忘れかけていた息子への無償の愛を再確認し、

後日もう一度息子がいるラッパーのアジトに勝負を挑みに乗り込む。

 

今度は相当気合が入ったおばさんは見事リーダーから勝利を飾った。

しかし、それでも納得がいかない様子のおばさん、

 

すると息子のコウタの手を引き、舞台に上げて「本音を聞かせてほしい」、とラップに乗せて思いをぶつけ始める。

そしてコウタも徐々に感情が吹き出してきて、日々の葛藤や母への思い、言葉を絞り出すようにラップでぶつかっていく。

 

対しておばさんは、いや、母ちゃんは、息子を初めて抱いた時の感触や、初めて泣いたこと、初めてプールに入ったことなど、

子供のことは些細な事も全部覚えているし、そんな思い出が母の一番大切な宝物なのだと伝える、

世界でいちばんあなたを愛してるんだよ・・!!」と、無償の愛をストレートにぶつける。

 

すると、息子の心にも、会場の観客の心にも母ちゃんの熱い想いが響き渡り、拍手喝采でハイタッチし合う一同。

観客の中にはコウタの父も紛れてこっそり観ていた。

 

リーダー格が「勝者はコウタと母ちゃん両者だ!!」とリスペクトして二人の腕を持ち上げる。

 

後日息子も好きなことにまっすぐ進みつつ、家族ともちゃんと過ごすようになり、

父も「幸せだな」、と小さくつぶやく。母も笑顔。   で終わるかと思いきや、、

最後にインターホンになにやら目付きの悪いばあちゃんが映っている。

 

母が玄関を開けると、そこにはラッパーと化した姑の姿が!!母も対抗してラップで立ち向かう!!

 

 

 

と、最後はコメディハッピーな雰囲気でEND・・・。

 

 

どうでしたか? 文字だけで感動していただけますかね?笑

近頃ブームとなっているラップの魅力がたくさん詰まったとっても面白い作品でした。

両親の無償の愛は必ずこどもには伝わりますよね。たとえどんなに時間がかかっても、愛があればわだかまりは消えるんでしょうね。

 

そんな、不意に泣きそうになった物語でした。 おわり

 



  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る