バカ食いしても肌がツルツルな人と節制しても汚肌が治らない人の矛盾

「バカ食いしても肌が全く荒れない人」と「食生活を節制してるのに汚肌な人」の違い

生まれつき、人には体質の違いがあって当然です。

それは一人ひとりの視力や身長や身体能力に違いがあるように、肌細胞のきめ細かさにだって違いがあって当たり前です。

 

中学生や思春期になると、特にホルモンバランスや皮脂分泌バランスが乱れやすいです。

なので、ニキビが急にできたり、吹き出物が出てきたりして困ってしまう人がたくさんです。

 

しかし、中には、

どんなに暴飲暴食してもどんなに肌を雑に扱っても、全く荒れずに常時ツルツルな人もいますよね。

それって、肌自体の厚みも違うし、元々丈夫な肌細胞体質な人がほとんどです。

もちろん遺伝も関係してくる場合もあります。

根深い汚肌に体質は関係ない

でも、たとえ体質が弱くても、遺伝的に肌が弱い人でも、

汚肌にならずにキレイな人もいます。

 

それはなぜか、

それはズバリ、間違ったスキンケアと偏った食生活をしてるかしてないかの違いです。

 

肌が弱い体質なのにも関わらず、肌が強い人のマネをして暴飲暴食したり、

負担の大きいスキンケアを続けていれば、そりゃ体質弱い人はいつか敏感にダメージを蓄積することになります。

 

そして、体質が弱い人が一度「荒れ路線」に突入したにも関わらず、

暴飲暴食や間違ったスキンケアを続ければ、それはどんどん根深い汚肌に繋がります。

 

肌が薄くなって、毛細血管が見えやすくなれば、肌は赤くなりやすくなってきます。

その上に、どんどん洗顔や化粧水や乳液などの化粧品を塗り続ければ、それはどんどん肌の機能を壊していく行動になります。

 

以前の私自身も、それを全て体質のせいにしていました。

暴飲暴食してもキレイな人の肌とは、比較するだけ無駄!?

暴飲暴食してもキレイな人がいるからといって、自分も同じように不摂生な食生活をしてしまえば、それは自分だけが荒れるのは当たり前でした。

なぜなら、既に肌の状態に違いがあるからです。

 

肌の状態が薄く敏感になっているのは、化粧品の使いすぎではないのか?と考えてみて下さい。

体質が弱いからニキビができる。だから必死にニキビを治したくて、悩んで化粧品を試しまくる。実はそれこそが根深い汚肌の始まりです。

思春期で一度ニキビができると、すごい気にしちゃう人もいますよね。

自分はめっちゃ嫌で気になってました。

 

そして、気になるあまり、「ニキビ用」と書いてある化粧品をスーパーやドラッグストアで探し、ひたすら色々試行錯誤する毎日。

 

でも実は、その化粧品試行錯誤の毎日の積み重ねこそが、まさに汚肌の原因だったんです。

 

何が正解かわからないから、ひたすら自分に合う商品を試すしか無い。

でも、本当は化粧品から手を引くことこそが、一番の肌への負担を減らす近道だったんですよね。

 

私がそれに気がつけたのは、もうすっかり根深い汚肌になってしまってからでした。

気がつけたなら、肌の機能を取り戻す人生に進もう。

体質的に肌が弱い人が、ニキビを気にして対処していた方法、それこそが汚肌の原因だったなんて、すごく認めたくない現実です。

体質が強くて今も暴飲暴食してもノートラブルな人が、きっとあなたの周りにもたくさんいると思います。

 

でも、それを真似して自分も暴飲暴食しても、結果的には自分の肌はしっかり荒れますよね。笑

 

なぜなら土台が崩れて、腸内環境が顕著に肌に現れるからです。

 

でも、「食の影響が肌に現れやすいこと」って実は全然悪いことではないんです!!

「食の影響が肌に現れやすい人」はチャンス!

なぜなら、身体の異常にすぐに気がつけるからです。

あらゆる不調は、すべて身体の悲鳴です。

 

一見、

「何を食べてもトラブルが無い人の方が、生きやすいだろうな」

って嫉妬してしまいがちですが、

「どんな不摂生をしても身体の表にそれが現れない体質の人」は、その分身体の内部に老廃物や毒素が蓄積するんです。

 

実際、肌が荒れやすい人のほうが、内臓に毒素を溜めにくいということがわかっています。

 

飲食で摂取した内の、老廃物や毒素や無駄な成分が、肌から排出される分、異常が目で見やすいということです。

もちろん摂取と代謝のバランスの関係もありますが、ろくな運動もしていないのに加えて、暴飲暴食しても肌が荒れていない人というのは、確実に身体の内部にツケが回ってきます。

 

そして、表面に現れないからといって、そのままの不摂生を続けると、いつか気がついたら大病になっていたり、腫瘍が見つかったりなんてことがあるんです。

 

だから、「肌に異常が出やすい体質」というのは、実は長い目で見ると「良いこと」だったんです。

まとめ

・生まれつき肌の強さは体質によって異なる

・肌がキレイな人の暴飲暴食は真似するだけ無駄

・肌が強い人はその分内部に毒素が溜まりやすい

・肌に食の影響が出やすい人はその分異常にすぐに気付ける

 

 

結論

「ニキビや肌荒れの原因は体質も関係あるが、食生活やスキンケアによっても大きく左右される。」

 

なので自分の肌を本気で治したいのなら、キレイな人の暴飲暴食を真似することは矛盾に繋がるということです。

 

何を食べたら良いのか、何を食べたらいけないのか、

ぶっちゃけわかんねー!な方はこちらの記事をどうぞ↓

健康的な食べ物と摂り過ぎ注意な食べ物!大事なのは摂取と代謝のバランス?

 

 

お読みいただきまして、ありがとうございました。

 



  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る