米国防省ロバート・コナーズの暴露動画 マイケル・ジャクソン最後の声

さらなる暴露はあるのか・・・?

世界には裏があります。

組織には、良心を持ちながら悪事に加担せざるを得ない人もたくさんいるはずです。

でも、我慢できずに命懸けで暴露しようとする人もたくさんいます。

 

政府を影で操っている勢力は、それをメディアや情報操作によってもみ消してきました。

しかしこれからは、ネットの拡散力によって止められなくなるでしょう。

 

その一つがこの動画です。

たとえこれすらも偽りの動画であったとしても、色んな情報にふれて、何が嘘で何が真実なのかを考えることこそが大切です。

 

ただ一つ確かに言えることは、闇の勢力は本当に存在する。ということです。

オカルトでも都市伝説でも空想妄想でもなく、真実です。

 

100%です。

 

それだけの情報に触れて、核心に迫る情報を得たからこそ、ハッキリ言えます。

そして、真実は揺るがないです。

 

でも、嘘は必ずバレます。

悪意や恐れや不安に誘導する情報は、すべて偽りです。

 

真実は愛です。

くさいセリフだと思うかもしれませんが、それが真実です。

 

そして、真実はその全てと辻褄が合います。

 

マイケル・ジャクソンは殺されたんです。

他にも本当にたくさんの善人が暗殺されています。

日本でも、海外でも。

それが真実です。

 

権力があれば、真実を情報操作によっていとも簡単に「嘘」として書き換えられます。

都市伝説に「証拠」を求めること。それこそが支配構造や情報操作を守るシステムになっているんです。

 

その理屈をわかりやすく説明してくれている動画です↓

 

お読みいただきまして、ありがとうございます。



  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る