気がついたら鎌倉に住んでました。常識なんてただの幻想でしかない?

目標だった一人暮らしがついに・・・

どうも、チッターです。

久しぶりの殴り書き日記です!

突然ですが、9月に入ってからすぐ、鎌倉に引っ越しました。笑

 

ずっと憧れで目標だった、「住みたいところでひっそりと一人暮らし」です。

 

少々強引ではありましたが、実家を一日でも早く出たかったので、

ずっと物件を探し続けたかいもあり、たまたま超気に入った物件と出会えて、無事新生活を始められております。

 

最初の三日間くらいは謎の超絶寂しさに苛まれていましたが、笑

それもだんだん慣れて来たかな、という感じで気がついたら二週間が経ちましたので、記事を書いております。

 

自分の家の外観はハッキリ言って「超ボロアパート」です。笑

多分、同年代の若者なら避けるだろうな、ってくらいにきったない外観です。笑

でも、自分的にはそれすらもすっげー気に入ってます!

 

それに、家賃も安くて、機能面も申し分ないし、なにより広いんですね。

一人暮らしにしては十分すぎる広さです。

普通のキレイなアパートを鎌倉で探したら、狭かったり機能面に不備があったり、なにか欠点があるのですが、

この家は、「ボロいだけで後は最強!」って感じです。笑

 

なにより近所に神社やお寺がたくさんあって、お参りするのが毎日の日課になってます。

賽銭はケチってますけどねw

大事なのは賽銭よりも「想い」だ!笑

 

最初の4日間くらいは、ガスが通って無くて、近辺の銭湯巡りしてました!

それもまたすごく楽しくて、オッサンばかりの昔ながらの銭湯とかがすごく良かったです。

 

食事に関しては、とりあえず味噌汁最強!って感じです。笑

誰にも気を使わず好きなものを好きなように食えるって最強です。

めんどいときは食わない!

食いたい時は食いたいだけ食いまくる!!

でも、栄養は偏らないようにしていきたいですね。

 

あと、周りが林みたいな自然に囲まれてるので、朝晩虫の鳴き声が響いていて、すごい好きです。

鈴虫とかひぐらしとか、夏の終わりを感じてます。

 

毎朝の「腰痛ヨガ体操」的なやつもなんとか毎日続けられてますし、肌断食も問題なく継続中です。

 

雨の日の休みはダラダラしがちですが、それもまた最高ですよね。。

ちょっと寂しいけど、1人ってすごい楽です。

 

いつか友達とのんびりゲームしたりできたらいいなと思ってます。

 

あと、めっちゃ関係ないですけど、

この部屋、林が近いので窓開けて油断すると虫がすぐ入ってくるんですよね。笑

虫ってなんか拒絶してしまいがちだけど、思い出してみるとちっちゃい頃って普通に虫素手で触りまくってました。

 

なんの抵抗もなく、好奇心で虫を手づかみしてました。

でも、いつのまにか「虫は汚い、害」みたいなイメージの刷り込みで、大人は虫を嫌いますよね。

別にそれは当たり前なんですけど、でもなんか、「常識」って面白いなって思いました。

 

だって、小さい子にはなにも怖い対象ではないものが、「常識」という見えないイメージの刷り込みによって、いつの間にかそれが「怖い対象」に変わってしまうんですから。

 

G(ゴキブリ)だって、北海道の人にとってはなんの驚異でもなくむしろ好奇心の対象であるんですよね。

北海道以外の地域では地獄みたいな存在のイメージじゃないですか、笑

でも、それが見る人によっては180度違う存在になってしまう。。

 

これって、結構すごいことだと思います。

住む場所や職業、人間関係においても、人によっては苦痛に感じることも、ある人にとっては幸せに感じることもありますよね。

 

だから、結局何が言いたいかというと、

「常識」なんてものは結局、ただの「幻想」でしかない。

ということです。

 

「こうあるべき」とか

「ここに住まなきゃいけない」とか

「この仕事をしなければいけない」とか

「オシャレじゃなきゃいけない」とか

「強くなきゃいけない」とか

「お金がなければ人から認められない」とか

「足並み揃えて社会に順応しなければ叩かれる」とか、、

 

なんかそういう常識って、全部外からの反応に依存した、薄っぺらい「思い込み」だと想うんです。

思い込みというより、社会という見えないイメージに、勝手に「思い込まされているもの」だと。

 

だから、大事なのはやっぱり自分自身の「本当のありのままの気持ち」だと思います。

誰かに嫌われたくないから「こうしなきゃいけない」とか、「こうでなきゃいけない」とか、そんなこと気にして生きてくのが、私はくそめんどくさいなって思ってます。

 

でも、どんな生き方もあっていいし、どう生きるかは一人ひとり自由で、、

でもだからこそ自分のほんとの気持ちや、心の悲鳴とか、本当はやりたくないこととか、そういうことを見て見ぬふりせずに向き合って行くことが、すごく大事だと思います。

 

嫌いな人と無理して付き合い続けて、頑張って好きになろうとするよりも、

好きな人や、一緒にいて心地良い人と、ゆったりと頑張らずに過ごせるような日々。

 

そういう時間を、自分の人生の中で増やしていきたいです。

 

その第一歩として、「鎌倉で一人暮らし」という目標の一つを掴むことができました。

これから辛いことも悲しいことも苦しいこともあるでしょうが、自分なりに焦らずに、

「今」というかけがえない一瞬一瞬をのんびり進んでいきます。

 

 

なんかゴチャゴチャな記事でしたが、、笑

お読みいただきまして、ありがとうございます。

 



  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る