【忍ボル】うずまきナルト(仙人モード)がクソ強い?! 評価と忍術解説!

ナルト仙人モード!!

今回は「うずまきナルト(仙人モード)」の記事です!

仙人モードナルト、めっちゃ強いです、、、

(※この記事では著作権を遵守したいため、画像の無断使用は極力いたしません。)

{忍ボルキャラ一覧}

 

「仙人ナルト」万能タイプの忍です。

奥義「真・風遁・螺旋手裏剣」(滅)POW3400:螺旋手裏剣を前方に投げ、範囲ダメージ(中)を与える。(敵のバリア術を貫通)

☆4術「螺旋連丸」(衝)POW2400:両手に1つずつ形成した螺旋丸を同時に当ててダメージを与える。(壁貫通&ダウン有)

☆3術「自然エネルギー集中」(無)POW2000:自然エネルギーを摂取し、通常攻撃の範囲を広げる(壁貫通)+自身を回復(大)(MAX5500回復)。

☆3術「蛙組手」(突)POW1700:自然エネルギーを体の一部にして攻撃し前方にダメージを与える。(壁貫通&ダウン有)

・テンプレ術:起爆玉

 

・通常攻撃:殴り(※複数範囲攻撃)

・移動速度:普通

「ろむせん」さんの動画で観る、仙人モードナルトの強さ!

仙人ナルト、めちゃくちゃ強いですね!

奥義の螺旋手裏剣は、前方に投げれて敵のバリア無効化でエフェクトも長いです。

螺旋連丸はダウンも取れて威力が高いですし、壁貫通です。そして砦の設備も乗り越えます。

蛙組手もダウン有りでクールタイム3秒と早く、壁貫通もあり、前方に長く範囲があります。

自然エネルギー集中は回復力高いし、なんと通常攻撃の範囲が広がります。回復量が多いので毒くらっても安心です。

 

回復もありながら攻撃力もかなり高いです。

壁貫通や設備スルーもあり、積極的にダウンを取れる。

 

唯一の欠点として挙げるなら、「奥義を防ぐ術がないことだけ」だといいます。

仙人ナルト、かなり強いですね。

ろむせんさんの動画でもあるように、襲撃の奥義裏技はリスクが高く、今後修正される可能性もありますが、練習してみてはいかがでしょうか?

~仙人ナルトのおまけ話~

(※以下ネタバレ注意)

 

仙人ナルト、くそかっこいいですよねー。

初登場時の衝撃やばかったですよね。

ペイン襲撃時、木の葉の誰もが手に負えない状況で、

あのカカシさえも簡単にやられてしまうなか、

ナルトがペインに対抗できる唯一の「頼みの綱感」がめちゃくちゃかっけーと想いましたよね。

 

あの時にヒナタが命がけでナルトを助けようとしたことが、

ナルトとヒナタが結ばれる、大きなキッカケになったのかもしれませんよね。

 

 

仙人モードで出てくる「自然エネルギー」の話。

引かれるかもしれませんが、あれって実はリアルでも存在するんですよ。笑

以下ヤバいやつの話です。

 

今は全然なのですが、私は一時期「瞑想」にハマってた時があったんですね。

「第三の目」とも呼ばれる、「松果体」という脳の一部分があるのですが、

 

食事を菜食にしたり、添加物や農薬を徹底的に避けたり、自分の内側に意識を向ける「瞑想」などを実践していくと、

その松果体が活性化して、「自然エネルギー的な感覚」にとても敏感になるんですよ。

それで得られる効果については、興味があったらご自分で調べてみると面白い世界が見れるかも知れません・・・

 

だから、ナルトの仙人モード修行の話も、あながち空想ではないかもしれませんね!

嘘だと思ったら実際に試してみるといいかもしれません。自己責任ですがw

 

以上、おまけでした。

お読み頂いてありがとうございました。

忍ボル公式サイトはこちら

 

{忍ボルキャラ一覧}

 

関連記事
ナルトの最終回アニメを久々に観て思ったこと・・・

NARUTOの神MAD動画見つけたのでこっそりご紹介・・・

「NARUTO」はただの少年漫画ではない。世界の仕組みを暗喩している?

 



  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る