なぜ肌断食にはミヨシの純石鹸がおすすめ?男の角栓肌荒れに安全な洗顔料

肌断食には「純石鹸」がおすすめ!

今から肌断食を実践しようか迷っている方は、「純石鹸」の使用をおすすめします。

中でもオススメなのが、「ミヨシの純石鹸」です。

 

↓泡タイプ


 

↓固形タイプ(2個セット)

なぜおすすめ?

それはなんといっても、成分のシンプルさです。

・水
・石けん素地

※引用元「ミヨシ公式サイト」

以上。

 

シンプル過ぎて逆に心配になりました・・・?!笑

でも、本当に安心できる商品です。

有効成分や保湿成分は落とし穴かも??

私の経験上、

「有効成分配合!」

「保湿成分○種配合!」

「洗い上がりしっとり!」

という謳い文句、ぶっちゃけ※敏感になっている肌には意味ないです。

 

成分が多ければ多いほど、肌の表面に負担がかかり、新陳代謝も正常に行われず、肌が薄く敏感になっていく原因になります。

「しっとり」というのは、それだけ肌表面に成分が残ってフタをしてしまっている状態です。

 

もちろん、ある程度健康で丈夫な肌状態の人には問題なく使える場合もあります。

しかし、長年の化粧品依存によって、明らかに敏感になってしまっている肌であったり、化粧品で保湿しないと肌の見た目を保てない、というような依存状態の肌にとっては、石鹸に含まれる余分な成分が、まさに「肌ダメージ」に直結してしまうんです。

 

あなたの使っている石鹸や洗顔料の成分表示を、今一度確認してみましょう。

この怪しい名前の成分は本当に安全なの?みたいな不安も出てくるかと思います。

 

そういうところを見て見ぬふりすることが、なにより汚肌の原因になる場合があるんですね。。

私自身の肌断食は、そういう不安なところを徹底して調べる、ということから始めました。

 

めんどくさがり屋の方なら、なおさらシンプルが一番です。笑

めんどくさがりな方には「泡洗顔」タイプがおすすめ。気になる「泡の質感」はどう??

いちいち泡立てるのめんどい!という人は、

泡で出てくるタイプがおすすめです。↓

 

泡の質感は、「泡で出てくるタイプ」だと、

「泡のきめ細かさがなくなるのかな?」と想うかも知れませんが、

この商品は自分も使っていて、実際なかなかのモチモチ泡が出ますよ!

 

固形石鹸タイプの方を持っていないので、比較して詳細に語ることはできませんが、

それでも「泡で出てくるタイプ」であっても十分なモチモチした泡の質感です。

 

それに、純石鹸といえども肌が荒れている人ほど、その使用時間は短く済ませるほうが良いので、正直言うと泡のモチモチさはあんまり重要では無いんです。

モチモチすぎるとそれだけ長く丁寧に洗いたくなると想いますが、それこそが弱った肌にはダメージになるんですね。。

必要な皮脂まで根こそぎ落としすぎてしまう恐れにつながるからです。

 

「モチモチの泡で丁寧に洗っているのに肌の土台はどんどん汚肌になる、、」という過去の私のような方は、確実に「洗いすぎ・落としすぎ」だったのですね。

 

なので、サッと泡を出してサッと肌に乗せて、余分な皮脂や垢のみを落とせて短い時間で洗える「ミヨシの泡洗顔」、が魅力的だと私は強く想います!

肌に必要な皮脂は残しながら、洗い上がりがサッパリで自然な使い心地が期待できます。

泡立てるの好きな人は「固形石鹸」タイプが安いし良い。

泡立てるのがめんどうではないのなら、2個入っていて値段も安い「固形石鹸」タイプがおすすめです。↓

(※どちらも成分は変わりません。泡タイプは水が多く含まれているだけです。)

重度の化粧品依存状態だった筆者が、今までに使ったことのある洗顔料は?

今まで数え切れない程の「洗顔料」を使用してきました私ですが、

それをざっと挙げてみます。↓

 

OXY・メンズビオレ・ビオレスキンケア洗顔料・マシュマロホイップ・炭洗顔・ピーリング石鹸・GATSBY・ウルオス・バルクオム・UNO・ダブ・ニベア・ロゼット洗顔パスタ・キュレル・プロアクティブ・資生堂・ルシード・アクネバリア・アクネス・アラミスラボ・牛乳石鹸………

 

↑思い出せるだけでもこの量です。

今振り返るとマジで恐ろしいです。。

荒れ路線に突入した状態の肌に、これだけの量の化学物質である洗顔料で追い打ちを掛けていたのですから、そりゃ肌が悲鳴あげますよね。。

 

※もちろん、上記に挙げた商品であっても、肌が健康な状態で使用する分には問題ないです。

明らかにトラブルがあるのに使用を続けると、それは原因の解決にはならないということなんです。

むしろ、一度敏感になってしまった肌にとっては、外からの刺激がモロに汚肌の原因になりかねません。

 

そして、その荒れや乾燥を隠すように、化粧水や乳液、クリームなどでその場しのぎしてしまいます。

これが紛れもなく「汚肌ループ」から抜け出せなかった原因でした。。

石鹸はあくまでも肌断食の補助アイテムとして捉える!

石鹸は、

「毎日使わなくていい物」です。

 

本気で肌断食するなら、石鹸を使う頻度を少しずつ減らして行くイメージです。

それでいて、無理なくゆるやかに肌断食を継続していくためには、石鹸やワセリンを効果的に使用するのが一番なんですね。

石鹸を使っても肌は再生しない!肌は内側から再生していく。

外側からどれだけ良い石鹸や良い保湿剤を使ったとしても、

肌の内側を健康にしていかない限りは、所詮表面上だけのケアになり、結果化粧品に依存してしまいます。

 

内側からの自己再生力を蘇らせるのが「肌断食」という方法なので、

それを少しでも負担なく支えるためのアイテムが、純石鹸純度の高いワセリンなんですね!

 

純石鹸はあくまでも「肌断食の補助」として捉える!

それが大事です。

自分が使いたい商品を使うのが一番! でもぶっちゃけミヨシが一番無難? 知人さんからいただいた口コミ

ここまで散々ゴリ押しした純石鹸ですが、

最後に決めるのは自分ですから、自分が「これを一番使いたい!」という納得できる商品を使うのが一番です。

 

肌断食で、肌本来のありのままな機能を取り戻す未来に進むには、どんなアイテム使用が効果的なのか?

それを自分なりに見つけていくのも楽しみの一つです!!

 

私自身は、現時点ではミヨシの石鹸が一番信用できると想っています。

実際に使うようになってから、肌に成分が残る感じとか、無駄なしっとり感とか、そういうのが全く無いのでかなり使い心地が良いです。

前までは牛乳石鹸その他の市販の石鹸を使っていましたが、

やはり極限まで余計な成分が入っていないシンプルさが、ミヨシの安心できるところです。

 

知人さんからの「ミヨシ」の口コミです↓

私もハンドソープ・息子のボディーソープから
洗濯用洗剤まで最近は全部ミヨシになりました笑
いいですよねミヨシ!!
オムツ替えとかで良く手を洗い
手のかさかさもひどかったのですが、
おかげさまで手を洗っても荒れなくなったんです!!
今ではほとんどハンドクリームもいらなくなりました。
(夏場もちょっとカサカサ気味でしたが、
今はハンドクリームも何もいらなくなりました!)
今はもうキレイキレイみたいなのを
使ったらすごく手ががさがさしてくるので・・・・
あれは落とし過ぎだったんだなあと思いました。
なのでミヨシに激ハマりです!!

貴重な口コミを本当にありがとうございます!!

この知人さんはママさんなのですが、

色々な化学物質が含まれた市販の商品に疑問を持って、それからはなるべく自然派な商品を使用するようになったそうです。

 

実際に商品の裏側に載っている成分表示を確認してみると、意外と怪しい成分ばかりなんですよね。

「大丈夫だろ」と思って使い続けると、私のように根深い汚肌になってしまう可能性もあります。

そして、根深い化粧品依存状態から抜け出せなくなることも十分考えられます。

 

あなたの使っている商品は本当に安全なのか、今一度確認してみる機会にしていただけたら幸いです!

 

もしあなたが深刻な肌荒れで悩んでいらっしゃるのなら、今までの自分の行動を見直し、ゆっくりと肌を癒やしてあげることが一番ですよね。

1日1日のケアの積み重ねで、今の自分の肌状態が出来上がっているのだから、これからそれを「ありのままで健康な状態」に戻していけるのも、自分の1日1日の行動次第だと想います。

 

私自身もまだまだ継続途中なので、ゆっくり焦らず、長い目で見て一緒に肌断食を継続していきましょうね。

 

本当に、一週間や一ヶ月そこらじゃ効果がないと想うかも知れませんが、信じて継続するうちに、一年後にはかなり効果を実感できます。

一瞬で得られる効果はどこかに穴があるものです。

ゆっくり壊したものは、ゆっくり取り戻していくしかありません。

でも、諦めない限りは、肌を気にせずワクワクできる毎日に、きっとたどり着けるはずです。

 

あと、他に良い商品がありましたらぜひお知らせ頂けると嬉しいです。

お読みいただいてありがとうございました。

 

(クリックすると楽天ページに飛びます↓)

 



  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る