肌断食の保湿剤にはサンホワイトがおすすめ男の化粧品はワセリンのみ

 

「サンホワイト」とは、ワセリン(保湿品)の一つです。

ワセリンとは、石油を蒸留し、その残留成分をさらに精製したものです。

 

石油というと危険に聞こえるかもしれませんが、ワセリンはミネラルオイルという鉱物油(石油)を、肌に刺激の無いレベルにまで精製して造られています。

「ワセリンは石油だから危険」「油焼けする」といった情報も、不純物を入れたり、精製度が低いために起こるんですね。。

 

そして、ワセリンにも種類があります↓

「黄色ワセリン」と「白色ワセリン」と「サンホワイト」です。

黄色ワセリン→白色ワセリン→サンホワイト

左から順に精製度が高くなります。

 

なのでこの記事では、精製度が一番高い「サンホワイト」を紹介します!

サンホワイトも白色ワセリンの仲間なんですが、白色の中でも精製度が特に高い商品なんですね。

サンホワイトなら、不純物や油焼けの心配はまずありませんので安心して使えます。

 

その分、値段も一番高いですが、安全で赤ちゃんの肌にも安心して使える点でまず一番無難な商品といえるでしょう。

(※赤ちゃんの肌トラブルに対して病院で処方されるのも、白色ワセリンなんだそうです。その白色ワセリンの中でもさらに一歩上をいくのが、サンホワイトということになります!)

(↑クリックすると楽天の商品ページに飛びます。)

 

簡単に、要点だけぶっちゃけると、、

肌断食始めるなら、「サンホワイト」を用意しておけば、あとは保湿剤何も必要ありません。

ではなぜ、数あるワセリンの中で「サンホワイト」がオススメなの?

それは、

純度が高く、品質的にも非常に安心信頼できるからです!

 

市販のワセリンは、そのほとんどに、不純物必要のない成分まで含まれています。

大手企業の商品なら安心できると思われている方が多いですが、実際成分などを調べて比較してみると、要らないものや得体の知れない名前の成分表示だらけであることが殆どなんです。

 

例えば、、

「ヴァセリン」という商品を一度は目にしたことがあるかと思います。↓

これは先程の種類で言うと、「黄色ワセリン」という部類の商品です。

なので精製度合いが白色よりも低いですし、不純物が含まれています。↓

「酢酸トコフェロールとBHT」は簡単に言えば「酸化防止剤」です。合成化学物質。添加物ですね。

 

「有名な商品なんだしそんなに気にするのも問題ないんじゃないの?」って思う方が多いかもしれません。

 

もちろん健康な肌状態に使用する分には問題なく使える場合がほとんどでしょう。

しかし、肌ダメージが深刻な方や、これから肌断食を本気で継続する方にとっては、この不純物が確実に邪魔になってきます。

 

これは私自身の経験上、はっきり言える事実です。

 

これに対してサンホワイトの成分は精製度の高い「ワセリン」のみです。

弱った肌への負担を最小限にするなら「サンホワイト」が無難!

肌荒れが酷く、深刻な人ほど、そういう細かい不純物一つで、とても肌にとっての負担になります。

健康な状態の肌には問題なく使えても、あなたの肌が敏感になっているのなら、成分が無駄に多い商品は必ずしも安心して使える商品とは言い切れないんです。

 

色んな情報に惑わされて、結局何が良いのかわからず、とりあえず大手の商品だからと、100%納得できないような商品を使い続けるよりも、

市販では買えないからこそ高品質である「サンホワイト」で、肌断食を本気で継続していくのがオススメなんです。

 

(通販なら全部いいというわけではなく、サンホワイトだからいいという意味です。)

買うなら絶対チューブタイプ!

「サンホワイト」は、

大容量容器タイプチューブタイプがあります。↓

 

チューブタイプのメリットは、

・雑菌が繁殖しにくい

・フタが開けやすくて手間がかからない

・手軽なサイズだから持ち運びに向いている

大容量タイプだと、つい多く取ってしまいがちで、なおかつ指についている雑菌が一度繁殖してしまうと、拡がって全体を傷ませてしまいます。

でも、チューブタイプだと小さな穴から必要な量だけ使えます、適正な使用量は基本ごく少量なので、その量の調整がしやすいんです。

↓こんな感じの穴です

それに、大容量を買うと万が一お肌に合わなかった場合、かなり無駄になってしまいます。

純度の高いワセリンは酸化しにくい?

純度の高いワセリンは酸化しにくく、酸化するまでに「数年」かかります。

対して、植物油(ココナッツオイルなど)や動物の油(馬油など)は、空気に触れれば1日で酸化し始めます。

酸化した油は、それだけ肌への刺激やくすみに繋がります。

私自身、ココナッツオイルを肌に塗った時、だんだん赤くなってきて炎症やダメージに繋がったことがありました。

 

サンホワイトなら精製度が極めて高いので、酸化するまでに「数年」かかるので、石鹸で強く洗い流す必要もないんです。

水洗顔で垢と一緒に自然に落ちてなくなるのを待てば良いんですね。

 

そして、サンホワイトは皮膚に浸みこみにくいんです。

実はクリームや他の天然オイルもすべて皮膚に浸みこんでしまうのですね。

 

浸みこみにくいということは、肌の表面だけを守ってくれる上、毛穴を完全にフタされることはなく、だからこそ土台の細胞が育つんです。

なので肌断食にはサンホワイトが特にオススメなんです。

ワセリンを使う際の注意点は?

つけすぎに注意していただく必要があります。

 

サンホワイトがいくら純度が高いワセリンだとはいえ、つけすぎると肌はかえって乾燥してしまいます。

肌がベタつくほどつけてしまうと、肌の角質細胞が剥がれにくくなってしまいます。

そうなると、いつまでも古い角質が居座ってしまい、肌の基底層で新しい細胞が生まれにくくなり、結果肌が薄くなってしまいます。

 

なので、つけすぎだけは注意すべき点です。

↓こんくらいで十分らしいです!笑

夏で溶けてるし見にくいわでホントすみませんが、イメージよりかなり少ないと想います。笑

 

でも、これより多い量を使っていてもトラブルがないなら、そのままで大丈夫ですよ!

ベタつきなどのトラブルがあるなら量を調整してみましょう。

ワセリンの適量は?つけ方は?

適量:顔全体でゴマ粒大~米粒大!(想像以上に少ない)

 

つけ方:両手に広げてその手を肌にこすらずに軽く押し付ける!

適量を守ると、量の少ないチューブタイプでもかなり長持ちします。

というか、ぶっちゃけ全然減らないです。

私自身、チューブタイプ1年半使ってもまだ半分くらい残ってます!笑

 

なので使用量は、それくらい少量でいいんですね。

「化粧品を使わない宇津木式スキンケア法」で、唯一使用が許されているのが「ワセリン」

・化粧水

・美容液

・クリーム

それらを極力使わないケア方法である、宇津木式スキンケア法で、

唯一使用が許されているのが、「純度の高いワセリン」なんです。

 

まとめ

・サンホワイトは純度が高い高品質なワセリン

 

・市販では買えないからこそ、本気の方にはおすすめ

 

・買うなら断然チューブタイプが無難

 

・宇津木式で肌に唯一使用が許されているのがワセリン

私も実際に、肌断食開始当初から、ずっと「サンホワイト」を継続して愛用しております。

もし、今からすぐ肌断食を始めたい!と思っている方にはサンホワイトがおすすめです。

 

お読みいただいて、ありがとうございました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【定形外郵便で送料無料!】サンホワイトP-1 50g
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/8/6時点)

 

 

 



  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る