【厨二病】自分の生き様を刻み込むのがブログ!

今日も疲れたのでゆるい日記です。

少年時代に住んでいた地域の写真です。↓

田舎w

 

 

外でのバイトで、肉体労働の現場を間近で体感していると、すごく色んなことが見れて面白いです。

(キツすぎてもう辞めたいくらいですけど、もうちょいがんばります。。笑)

 

怒号を飛び交わせて大人が大人を叱っていたり、時には危険なことがあったりします。

そして、今日思ったのは、

みんな本当は辛いことしたくないけど、どうしても辞められないからイライラしてしまうんだな、ということです。

 

本当ならキツくて暑くてうるさくて汚いような仕事、年取ってまでずっと続けたくはないはずです。

でも、仕事の人間関係で、パワハラじみた圧力とかもあったりする方もいるように想います。

 

そういう状況にいるとなると、あっさり仕事辞めることができない人も多いと想います。

それでも嫌々続けているから、それが自分より下の人間への当てつけだったり、八つ当たりのような仕打ちを生み出してしまうこともあります。

 

それでもそういう人たちの地道な作業によって、道路やインフラ整備が成り立っているのも、紛れもない事実です。

そういう人の全員が、パッタリときつい仕事を辞められれば最高ですが、どうしてもその行動をとることができない人がほとんどですよね。

 

かといって、自分の人生ですから、人間関係がどうなろうと、自殺するくらい追い込まれる環境にいる必要はないし、そんなのは絶対に間違ってると想います。

 

ただお金のために、ただ生活のためにやりたくもない仕事をしなければいけない日本社会の現状。

少しずつ、純粋に無理なく楽しんでお金が循環する世の中に変わっていけばいいのにな、と想いますよね。。

 

口では簡単に言えますが、実際はそう簡単にはいきませんよね。

でも、自分の人生は、自分にしか選択することもできません。

 

だから、いきなりではなくとも、なにか自分の経験を活かして誰かの役に立つような行動。

それがゆっくりとでもお金に繋がっていけば、今の生活を少しずつ変えていくことができるかもしれないですよね。

 

少しも余裕がない状況で、無理し続けると、やがて体も心もぶっ壊れてしまいます。

取り返しがつかない状態にもなりかねません。

 

ドカンと一気に壊れるほうがまだマシなんですよね。

無条件に休むことになるから。

 

でも、一番タチ悪いのが、

キツイけど頑張ればいけるからといって、無理を続けてジワジワと体も心も蝕まれていく状況です。

ジワジワ蓄積された負担は、取り戻すのはすごく困難です。

 

それに、「壊す」のは簡単ですが、「取り戻す」というのはすごく大変ですしね。

だからこそ、自分の本当の心をどうか大切にして行きましょう。

 

自分にも言えることですが、辞めたい時は誰になんと言われようがアッサリ辞めてバックレちゃっていいと想います。笑

もちろん最低限迷惑かからないように身を引くべきですが、「話が通じない相手」と戦い続けることほど無駄な時間はないです。

そんなんで自分が壊れてしまうのは本当に悲しいですよね。。

 

自分が見てる世界なんて、地球規模で見たらほんのちっちゃな世界です。

宇宙規模で見ちゃったら、無理して自殺するまで働くなんて、文字通り死ぬほどバカバカしい世界です。

 

ムカつく上司の顔面に辞表ぶちこんで帰って寝ましょう!笑

たとえそれで収入がなくなったとしても、それほど辛い環境で頑張っていた人なら、多少生活水準が下がるのを我慢できれば、フリーターのほうがむしろ気楽にやりたいこともやりつつ生きれるはずです。。

 

まぁ正社員経験ない自分が偉そうに無責任なこと言えませんが、、笑

それでも、

嫌な人間関係なら、捨ててしまえばいい。

誰になんと言われようと。

バカにされようと、怒られようと、否定批判されようと。

って想います。

 

違う世界を見ようとするだけで、新たな心地良い自分の人生を見つけて行けるかも知れません。

今見ている世界だけが自分の人生のすべてじゃないはずです。

 

安定を求めて、お金や生活や世間体を求めて、

老後までやりたくもないことをやって死ぬのが日本の「常識」なのだとしたら、

自分は本当にそれを望んでいるのかどうか、もっとよく考えて生きていきたいものです。

 

それで良い人は良い。

でも、それを本心では嫌だと思っているなら、自分の気持ちに嘘つくのは悲しいです。

 

生活のためにお金に縛られて、好きなことをできない社会。

それを変えるのは、好きなことを好きと発信し続ける人が増えることだと思っています。

 

私自身は現時点でブログの収益なんてほぼ0です。笑

でも、本当に好きなことを好きな人に、好きな時に発信できる居場所があることが、とても心の支えになっているし、なにより生きがいなんです。

 

たとえそれがお金にならないんだとしても、誰か1人にでも自分の「好き」が伝わり、共感されるのなら、それは最高な気持ちなんです。

それを仕事にできるまで、フリーターとして社会にどれだけバカにされようが、それでもいいかなって想います。

あーでもやっぱバカにされるの傷つきます。笑

 

YouTubeブログなどは、本当に最高なツールだと想います。

お金のためにやるのももちろん良いし、ただ自分の好きなことを発信するのもいいし、

とにかく「自分」を発信して、誰かに観てもらう。

 

 

 

「自分とは、何者であるか。」

そういう生き様、生きた証が刻まれるのが「自分発信」ですよね。

 

 

たとえそれが笑われるようなことでも、馬鹿にされるような内容でも、ドン引きされるようなことでも、

全部がその瞬間の「自分」を発信している証になるのですから、それはかけがえない「生き様」だと想います。

 

 

アニメ「メジャー2nd」でこんな名言がありました。

「恥をかくことは悪いことじゃないよ。悪いのは、恥を恐れて好奇心をなくしてしまうことさ。」by佐藤光

 

 

あなたと同じ人間は1人もいないからこそ、あなたの言葉をたとえネット上でも文字として残すことは、とてつもない「魅力」なんだと想います。

 

今の生活を続けながらでも、なにか自分の「想い」を発信する場所を作っていきたいですよね。

 

色んな人間関係を背負っていると、つい評価や目線が付きまとってしまって、上手く動けないこともありますよね。

でも、私は「ゆっくりでいい」と想いたいんです。

 

「今」を一歩ずつ。

それで一年後には大きな進歩に繋がっているはずです。

 

肌断食も、リハビリも、ブログも、仕事も、人間関係も。

 

めんどいなら、めんどいなりに、めんどいまま、

テキトーに、ありのままに進んで生きましょう。

 

まとまりない記事でしたが、ゆる日記なのでいいっすよね!笑

お読みいただいて、ありがとうございました。

 



  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る