宇津木式肌断食1年4ヶ月経過男の画像 肌断食1年間での比較画像!

肌断食1年4ヶ月目の画像記録

どうも、ネガティブ汚肌引きこもりのチッターです!

2018年6月で「肌断食1年4ヶ月」が経過しました。

 

さっそく肌の画像です↓

・角栓毛穴

・赤み

・皮脂

まだまだ正常ではないですが、

それでも1年4ヶ月経って、以前より確実に改善してきていることがわかります。

 

改善に伴って、前よりは「肌悩みのことで頭がいっぱい」という状態が減ってきたかなと想います。

肌の機能が蘇っていくとともに、気持ちが少し楽に持てるようになるのだと想われます。

肌の比較画像

本当に毎月少しずつ、自分の肌が変化していることがわかります。

左上から下に順にときが経って、今(1年4ヶ月目)に至りました。

 

約1年間での比較画像です↓

1年4ヶ月目のケア方法

今のケア方法は、

・朝晩 ぬるま水洗顔(月に一度くらいでミヨシの泡洗顔)。

・湯船は1日置きに15分程温まっています。

・頭髪は基本湯シャンで、脂っぽく感じたら3日に一度くらいの頻度でミヨシの石鹸シャンプー少量を泡立てて、髪全体にさっとなじませて流すという感じです。

詳しい洗顔方法は、こちらで「宇津木式1年経過男の洗顔やり方失敗しない石鹸&ワセリンの使い方

 

全身シャワーで済ませた次の日は湯船、の繰り返しです。(シャワー→湯船→シャワー→湯船…)

これが今は調子が良いです。

(※でも、肌断食開始当初はすぐ乾燥してしまうので頻度と温度は注意が必要です。)

 

また、数回に渡る断食(ファスティング)と入浴による「ヒートショックプロテイン生成」で肌細胞が徐々に生まれ変わり、活性化している気がします。

(※断食は我流でテキトーに行うと以前の私のように失敗しやすいので、必ず基本のやり方を守って行うことをオススメします。断食は準備食と回復期の基本をしっかり守ることが、何より成功の絶対条件です。初めて行う際は脱力感で失敗しやすいので、基本ルールを守れる自信が無い方は本当に危険ですのでオススメしません。)

 

湯シャンは、

皮脂分泌バランスなどが徐々に改善してくるので、シャンプーを無理せず活用しつつ、気長に継続していくといいと想います。

無理せず自分のペースで継続する

継続することで、徐々に効果を実感できています。

効果がゆっくり過ぎて、何度も嫌になりましたけど、それでも気長に継続して行く内に、ある峠(私の場合1年経過くらい)を越えたあたりから段々楽になってきます。

人によって肌の状態は違うので、一概には言い切れませんが、肌断食は自分のありのままの肌機能を取り戻していく方法です。

 

手っ取り早い方法はありませんが、時間がかかるからこそ、その時間は嫌でも自分の肌の本質と向き合う時間になります。

 

自分の今までの行動が、汚肌を創り上げたのなら、それを本来の機能に戻してあげられるのも、自分自身の行動だけでした。

化粧品も化粧品の良さがあり、利点もあります。

しかし、その化粧品に依存した肌状態になってしまうと、以前の私のように「なにをしても良くならない」という負の連鎖を彷徨うことになります。

 

肌断食はその負の連鎖を断ち切ることができる方法だと信じています。

どうか無理せず、自分のペースで、長い目でみて肌断食を継続して行きましょうね。

 

もし断食(ファスティング)に興味がある方は、お問い合わせください。

お読み頂いてありがとうございました。

 



  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る