ニキビ赤ら顔を根本的に改善できるスキンケア法。美肌は1日にしてならず

ニキビや赤ら顔の原因ってなんだろう?

まず第一に、「ニキビと赤ら顔」ってどうして起きるのでしょうか・・・?

 

ニキビや赤ら顔は、

肌のバリア機能・皮脂分泌バランス・常在菌バランスが崩れると、ダメージとなって肌に発生します。

 

その他にもホルモンバランスや外気環境やストレスや生活習慣によっても肌の状態は悪くなったりします。

 

でも、その一番の原因って、やはり「過剰な化粧品ケア」だと想うんです。

 

私個人の場合は、中学生の時から洗顔料や化粧水、乳液などを使い始めました。

 

それまで肌はノートラブルで何も気にしなかったのに、化粧品を使い始めてから明らかに肌状態は崩れ始めました。

ちなみに私が初めて使った洗顔料は、「OXY(オキシー)」という男性用の刺激の強い洗顔料でした。

 

これを使い始めてからどんどん肌の機能は壊れました。

 

もちろん同じものを使っても荒れる人と荒れない人はいます。

これは人それぞれの肌の強さや、その時の化粧品使用頻度や強度にもよります。

 

でも、少なくとも私の肌は、確実に化粧品に耐えられていなかったんですね。。

汚肌が1日で治ることは絶対にない・・・?

1日で治るようなら深刻な汚肌ではないはずです。

「汚肌」というものに定義があるわけではないですが、個人的には「明らかに健康ではない肌状態で見た目も汚い」的な感じだと思っています。

 

人と比べてというよりも、過去自分の肌が健康だった時と比べて、明らかに不健康な肌状態なら、汚肌であるといえるのではないかと想います。

 

そうなるまで肌の悲鳴を受け止めずに化粧品によってダメージを重ねてきたのは紛れもなく自分でした。

でも、何が正解かわからないまま化粧品でダメージを重ねてしまった人がほとんどだと想うんです。

 

私も本当に悩みを押し殺しながら化粧品で肌の機能を抑え込んで壊してきてしまったので、それにしっかり気が付いて自覚することがまず汚肌脱出の始まりなのだと想います。

何をしても良くならない人こそ肌断食!

「肌断食」は化粧品使用によってダメージを重ねてしまった汚肌の人には、高い可能性で効果を望めるスキンケア法だと想います。

私自身、1年以上継続して肌断食を行ってきました。

 

過去、なにをしても本当に肌が悪化する一方で、生きた心地がしませんでした。

いつのまにか、「心の底から笑える自分」というのを忘れてしまったほどです。

 

常に肌の悩みを気にしながら生きていました。

楽しいことをしている時も、好きな人といる時も、ずっと「肌がキレイだったらなぁ、、、」なんて考えていました。

 

同じような悩みを抱える人には、ぜひ一度肌断食の理念を確かめて頂きたいです。

 

じっくり壊した肌は、じっくり治すしかないんです。

汚肌改善に近道なんてないと私は想います。

 

でも、時間がかかるからこそ、今まで無理させてきた肌にゆっくりと向き合うことができるはずです。

 

最初は辛くても、いつか笑顔を取り戻せる日は絶対来るはずです!

 

不安なことや疑問など、いつでもメール待ってます!(お問い合わせ)

お読み頂いてありがとうございました。

 

 

肌を蘇らせる唯一の方法「肌断食」とは・・・?

 

 

 



  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る