乾燥肌荒れを根本原因から改善するメンズスキンケアの本当の情報とは?

乾燥・肌荒れの原因は化粧品依存だった・・・?

乾燥や肌荒れの原因は、実は過剰な化粧品使用による肌機能の劣化の可能性が高いです。

 

乾燥保湿ダメージ→→もっと乾燥→→もっと保湿もっとダメージ→→もっっと乾燥→→→→(重度の化粧品依存)

 

これまでの私はずっと↑のような「汚肌ループの泥沼」でもがいて生きてきました。

いつのまにか、「化粧品なしでは生きていけない状態」に陥っていたのです。

 

もちろん、一概に化粧品の全てを否定する気はありません。

(負担のかからないように無理なく自立した化粧品使用であれば、ダメージには繋がらないはずです。それに、スキンケア商品を使うのは生きていく上で楽しみにもなりますし、健康な肌に使う分には見た目をキレイに見せられたり、身だしなみとして上手く活用することもできるはずだからです。)

 

・・・しかし、それが過剰な化粧品依存にまで成長してしまうと、その依存の鎖を断ち切るまでには、相当な覚悟と時間を要してしまうこともあるんです。

私が実際にそうであったように、、

今なお、化粧品を過信して過剰なケアを真面目に行い、それが結果的に自分の肌を傷めてしまっているということに気がつけずに迷走している、という方が日本中にたくさんいると思います。

汚肌の根本原因に目を向けてみる。

・どうして自分の肌はいつまで経っても改善しないのか?

・どうして同じ化粧品使っているのにあの人はキレイで自分は汚肌なのか?

・このまま今のケア法を続けていったら1年後に根本的に肌の機能はどう変化するだろうか?

・この洗顔や化粧水や美容液は本当に肌の根本的な機能を改善しているのか?

 

化粧品の力に頼って頼って依存してきた私でしたが、なにを使ってもどんなことをしても肌がどんどん汚肌になっていく現実に、しっかりと向き合う覚悟をして、今に至ります。。

 

(※以下、汚肌画像貼りますので閲覧注意です。)

 

 

 

 

約2年半↓

 

比較↓

こうなりました。

 

水だけのケアで肌は本当に蘇る。

「水と石鹸とワセリンだけのケア」をしてきました。

 

それが肌断食の効果でした。

肌断食によって、どれだけ自分自身の肌本来の機能を取り戻せるかでした。

 

本当に肌で悩んでいる人ほど、肌断食に挑戦する時に覚悟がいります。

私は死ぬほど躊躇しました。

 

でも、今は肌断食を継続してきて本当に良かったと思えています。

化粧品に依存していた時には絶対に得られなかった確かな効果を実感出来ています。

 

それは画像記録にもしっかりと出ていると思います。

死ぬほど嫌いだった自分の肌を、毎月来る日も来る日も撮影し続けた意味がありました。

 

この記事を読んであなたがどう思うかは、あなたの自由です。

 

少しでも気になった方はこちらへ↓

 

 

 

肌を蘇らせる唯一の方法「肌断食」とは・・・?

 

 

 

関連記事
宇津木式1年経過男の洗顔やり方失敗しない石鹸&ワセリンの使い方ブログ

 

 



  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る