断食後一ヶ月経ってわかったこと。花粉症が簡単に治る方法とは?

3回にわたって行った断食(ファスティング)

私は、一ヶ月前に断食を何回か実践しました。

それ以前にも半年くらいかけて1日2食生活をしてました。

 

そして最近は「好きなものを好きなだけ食う!」という生活をしています。笑

今の私は、甘いものも肉も魚も脂物も、なんであっても「食える」という事自体がめちゃくちゃ幸せでかけがえないことだと感じていて、「添加物であっても毒とわかっていながら喰らってやるよ!!」て感じです。笑

 

三回も断食やったのは、断食後の身体の快調さがマジですごかったからです。

・鼻詰まり

・身体の怠さ

・寝起き

・寝付き

・視界不良

・むくみ

・排泄

・肌の不調

・体臭

・歯垢

・抜け毛

・集中力 など

↑これらはズバリ、食べる量を減らすことで簡単に治ることがわかりました!笑

断食を実践したからこそわかったことでした。

そして、好きなものを好きなだけ食う生活に戻した今だからこそ改めて断食の効果はすごかったとわかりました。

花粉症は断食で簡単に治る?

ずばり、花粉症は食べる量を減らすと簡単に治ります。笑

花粉症にかかわらず、身体の不調のほとんどの原因は食べ過ぎによる消化・排泄力の低下です。

 

※また、小麦(グルテン)やマーガリンなどの食品も消化吸収排泄を阻害しやすい食品です(人工的に精製された食品なため)。これらをなるべく控えて自然食を1日1食または2食をしばらく続けるなども効果的です。

 

・・・そして、本当は花粉症に効く食べ物なんてないんです。

 

「何を食べるか」ではなく「何を食べないか」でした。

 

花粉症に効く食べ物として紹介されている商品は、たいてい利益優先の情報です。

真実は「排泄・消化・デトックスの重要さ」に隠されていました・・・。

どれだけ栄養を摂るかより、どれだけ毒素を出せるか。

結局、食い過ぎの何がよくないのか。

食いすぎると消化に時間がかかります。エネルギーもかかります。

「消化に時間がかかる=胃腸が働き詰めになる」

そして、徐々に毒素を外に出す「排泄・デトックス」の力が弱くなります。

 

すると、どれだけ栄養の良い食材であっても、吸収されずに毒素として身体に蓄積されてしまうんです。

すると、代謝も落ちてきて、脂肪も付きやすく落ちにくい、運動する気も失せるという負の連鎖状態へと進んでいきます・・・。

 

だから、

「良いものを食べるよりも、悪いものを食べない。」

これが大事だったんです。

 

いかに良いものであろうと、消化排泄が上手く行かなくなっている状態では、毒素に変わってしまいます。

 

普段から運動をしていて筋肉量もあり、代謝も良いという方は、ある程度食べすぎても代謝されます。

しかし運動も出来ていないし筋肉量も全然ない。という方は食べ過ぎるとダイレクトに脂肪に直結します。。

とはいえ、食いたいものは食いたい・・・!!

ですよね?笑 私も一緒です。

食いたいもんは食いたいし、やめらんねーんです。笑

 

それに、断食中にも痛感しましたが、

我慢して減らすと後でやけ食いしちゃいます。笑

そしてリバウンドして結局元も子もない状態・・・みたいな。

 

なので、無理して「食べない!」と決め込む必要はないんです。

辛い断食をしなきゃいけないというわけではないんです。

 

大事なのは、バランスです。

「食べ過ぎた→次の日の朝食は食べない(または液体のみ)」

これだけで胃腸はグッと休まり、消化排泄をしやすくなります。

 

たくさん食ったら!外に出さなきゃ!その分が身体に溜まる! んですね・・・。笑

 

どんだけスイーツ食おうがその人の勝手です!

甘いもんは美味いんです!

ラーメン最高!肉うめえ!

やめられないのが「食」なんです!!

 

でも、、

そのまま食べ過ぎを続けている内は、身体の不調も治らないままです。

(それでもいいという方は全然その人の勝手ですので、細かいことなんて気にしないでOKだと思っています!)

 

しかし、どうしても花粉症などの不調を治したい、楽になりたいという方は、ぜひ「良いものを食べるより、悪いものを食べない」これを実践してみると、案外あっさり症状が改善すると思いますよ!

食べる量を減らした上で、何を食べると良いのか?

好きなものは自由に食べるのが一番です!

我慢してストレスを溜めてしまうのが身体にとっては一番の毒ですからね・・・!!

 

しかしその上で、、

基本となる「良い食べ物」

身体の調子を整える、

排泄や消化吸収の力を促進してくれる、

そんな食材をご紹介します。

 

和食はやっぱり神だったんです。笑

「ま・ご・は・や・さ・し・い・わ」

ま(豆類):納豆・小豆・黒豆・グリーンピース・油揚げなど

ご(ごま):ごま・くるみ・栗・ぎんなん・松の実など

は(発酵食品):納豆・キムチ・ぬか漬け・ヨーグルト・味噌・醤油など

や(野菜):緑黄色野菜・淡色野菜・根菜類など

さ(魚):あじ・いわし・あさり・さば・鮭・まぐろ・たこ・えび・牡蠣・しじみなど

し(しいたけ):まいたけ・しいたけ・えのき・なめこなど

い(いも類):さつまいも・じゃがいも・こんにゃくなど

わ(わかめ):わかめ・ひじき・のり・昆布・もずくなど

困ったらこれら↑を食生活の基本として生活を見直すと、身体の調子は改善していくと思います。

 

まずは何よりも「ストレス」がないように無理をしないこと。

そして「良いものを摂りまくるよりも、悪いものを減らす」「排泄・デトックス」。

 

睡眠や適度な運動も大事な要素となってきます。

無理なく自分らしいライフスタイルを!!

 

お読み頂いてありがとうございました。

 



  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る