宇津木式肌断食13ヶ月目!化粧水なし水洗顔を1年以上継続した男の画像

肌断食13ヶ月目経過記録

こんにちは、チッターです。

2017年2月に肌断食を開始してから今月で(2018年3月)13ヶ月が経ちました。

 

もうすっかり朝晩の水洗顔の習慣に慣れて、自分の中の当たり前な行動になって来ました。

また、2日置きに湯船にゆっくりと浸かるのがすごくいい感じに思えています。

 

引き続き肌断食を継続していきたいと思います。

肌断食開始時の肌と比較

(※下記は汚肌画像につき閲覧注意です。グロイの無理な方はブラウザバックをお願いいたします。)

 

 

 

 

 

 

 

これが肌断食開始当初の肌です↓

 

そしてこれが上の画像から1年後の顔肌です↓

13ヶ月間で使った化粧品は、ワセリンと純石鹸のみ。

この13ヶ月間で徹底して継続してきたのは、なにも難しいスキンケアではありません。

 

・顔は、ただ「ぬるま湯で洗うだけで放置」が基本です。

「ワセリンと純石鹸」を効果的に使う時もありますが、基本はぬるま湯洗顔が軸です。

 

・身体も同時に肌断食を継続してきたので、

「酷かった背中ニキビ」が全くできなくなりました。

 

・湯シャンも継続してきました。

皮脂分泌が段々落ち着いてきたのですが、まだまだ正常な状態ではないので、たまにシャンプーを上手く使いつつ柔軟に対応できたらいいなと思っています。

 

こんな感じで私自身は「全身肌断食」を1年以上実践しています。笑

化粧品に頼らなくても自立できる肌に戻す。

化粧品依存していた頃には想像できなかった、「確かな効果」を実感できています。

 

・化粧品にかかっていたお金

・化粧品にかかっていた時間

・化粧品にかかっていた労力

・化粧品にかかっていた期待

 

肌断食ではこれらから徐々に自立することができます。

興味がある方だけでも試してみる価値は大ありだと思いますよ!

 

私の経験談や記録があなたの役に立てばとても幸いです・・・!

くわしい肌断食の方法は、以下の記事でご覧ください!

そもそも宇津木式って何?肌を蘇らせる唯一の方法「肌断食」とは・・・?

 

お読み頂いてありがとうございました。

 



  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る