殺菌殺菌。そんなに菌を殺しちゃったら大事な常在菌が死滅しちゃう?

いきなりですが、「殺菌」ってけっこう恐ろしい行為でもありますよ・・・。

 

現代じゃ当たり前な行為なように思えますが、肌にも体の中にも、菌は無数に存在しています。

 

もちろん悪い菌は減らすべきで、良い菌は増やすべきです。

 

でも、肌にも常在菌というかけがえのない大事な菌がいるんです。

肌には本来絶妙な常在菌バランス機能が備わっているんです。

 

皮脂分泌のバランスバリア機能も同様です。

 

これを毎日の洗浄行為で全部キレイサッパリ殺し続けると、いずれ肌は劣化や老化していきます。

 

そして、その劣化を隠すために化粧品に依存した生活が当たり前になっていく。

高価なものを使えば治るはず、シンプルな自然派な商品なら治るはず、、

 

そんな答えの見えないスキンケア地獄にどんどんハマっていく現代人は、過去の私を含めてたっくさんですよね。

 

ぶっちゃけ、汚肌ってのはほっといたらだんだん治っていくんです。

 

肌本来の機能で自然治癒力ってのがあって、それを見事に邪魔している要素が、まぎれもなく「毎日のスキンケア」だったんです・・・!!

 

汚肌レベルが高い人ほど、遅かれ早かれやがてはこの矛盾に気がつくことになるんですよね。

皮肉なものですが、超辛い現実ですよね。

 

自分で真面目に何年もせっせと行ってきた行為そのものが、自分の肌の機能を壊していたことに、時間が経ってから気がつくことになるんですから。

 

化粧品企業に腹を立てていても、自分の肌が改善するわけでもないし、、

 

わたしはずっとそんなぶつけようのない怒りや不安や焦りを抱えて生きてきました。

 

でも、自分の行動を変える以外には汚肌改善はありえません。

原因にきっちりと向き合って、今日からでも行動を変えること。

 

その1日1日の積み重ねでしかたしかな効果は訪れません。

今まで化粧品に頼り切りだった肌は、すっかり怠け者状態になってます。

 

私はまさにそんな感じでした。

だから、ゆっくり時間をかけて肌を自立させてあげるのが大切でした。

 

それを可能にするのが、肌断食です。

なにも難しいことはありません。

 

毎日朝晩、「水で洗うだけのケア」が肌を蘇らせるんです。

 

気になったら、この記事をご覧ください。

 

そもそも宇津木式って何?肌を蘇らせる唯一の方法「肌断食」とは・・・?

 

お読み頂いてありがとうございました。



  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る