テレビCMに騙されるな!敏感肌におすすめのスキンケアは肌断食のみ。

私は1年以上に渡って、肌断食というスキンケア方法を継続してきました。

肌断食がそもそもなんなのかわからない方は、まずこの記事をお読み下さい。

そもそも宇津木式って何?肌を蘇らせる唯一の方法「肌断食」とは・・・?

 

ずばり、敏感肌の原因はほとんどが化粧品によるダメージ蓄積です!!

 

・・・私は男ですが中学生の頃からコスメオタクになっていきました。

大学卒業までにかけて立派なダメージ肌が出来上がっていました。

 

その原因はまぎれもなく、化粧品によるスキンケア依存です!!

 

最初は男性用のスースーする洗顔料から始まり、その後はずっとスキンケア商品を使い漁る毎日を過ごしてきました。。

テレビの化粧品CMに騙され続けた過去・・・

テレビの化粧品のCMって、なんかパッと見てめっちゃ効きそうな謳い文句ばっか言ってますよね??笑

 

「潤い閉じ込めて、中から保湿!」とか、

「肌の奥深層に届く、美肌テクノロジー開発!」とか。笑

 

今テレビでそういうCM見ると、ほんと呆れて笑っちゃいますよ。

テレビでCMされてる商品は、ぶっちゃけほとんどが嘘っぱちだと思って頂いて大丈夫ですよ。笑

あくまでも個人的な意見ですけど。

 

だって、肌が荒れてる人が化粧品を使っても、それは隠す行為なだけで、根本的な肌の機能改善にはまったくならないことがほとんどです。

 

これは肌荒れで死にたいと思ったほど悩んできた私だからこそハッキリと言えることです。

 

汚肌にいくら良い化粧品を使っても、汚肌のままです。

 

なぜなら肌の土台がグラッグラだからです。。

 

汚いコップにどんなにキレイな水を入れても、汚い水になりますよね?

まずコップきれいにしないと、意味ないですよね?

 

私はこの事実に気がつくまですごい時間を要してしまったので、汚肌の深刻さが酷かったんです。

だから、肌断食でも効果が出るまではすごく時間がかかります。

ちなみに1年間の肌断食で、このくらいの変化でした。↓

 

自分に合う化粧品を探し続けるより、自分自身のありのままの肌本来の機能を健康な状態に戻すことが、本当の自立した肌への一番の近道だと実感したんです。

 

敏感肌=ダメージ肌ですよね。

そのダメージの原因って、今まで当たり前のように使い続けてきたその化粧品ですよね。。

異常があるから肌が敏感に反応している。

 

その化粧品の成分には何が含まれているか、

その成分はどんなものなのか、本当に安全なものなのか、、??

 

そういうところをテキトーに考えて、それでも敏感肌に困っていて、それでも化粧品が解決してくれると思っていたんです。

 

無知ってのは本当に怖いものです。

騙される方が悪いと言われたらそれでおしまいですからね。悔しいことに。

ヤバイ成分入ってる商品でも、堂々と成分表示はされてますからね一応。

 

CMで美肌の女優が使ってるから同じようになれると錯覚してしまう人がほとんどですが、そんなのはハッキリ言ってただの化粧品企業のカモです。

 

現代の日本では化粧品を使わずして生きられない人間がほとんどですよね、、

流行りだからといってそれを使うのがオシャレだと思わされて、買わされていることに気付かず、人気商品だから心配ないはずだという根拠のない自信。

それが何年後かにダメージとして確実に蓄積されていたことに気がつくんです。

 

皮肉なものですが、一瞬で肌がきれいになるなんて甘いことはありえません。絶対にです。

 

時間をかけて壊してきたのは自分自身の行動ですから、時間をかけて自分の行動で治して行くしかありません。

その行動を今からなるべく正しい、自分に合ったものに戻していくのが、肌断食です。

 

汚肌には理由があるはずです。

原因があるはずです。

 

毎日のケアに使っているその化粧品は、実は毎日確実に肌の機能を壊しているものではないのか??

 

過去の私自身は、「向き合いたくないところに正面から向き合わない限りは真の悩み解決はない」と思いました。

 

利益優先の商品に騙されるのはここでやめませんか?

私は本気です。

本気だからこそ名前も顔も過去も明かし、これからも真正面から発信していきます。

 

ぜひ肌に悩む人にこそ「肌断食」の存在を知って欲しいです。

 

そもそも宇津木式って何?肌を蘇らせる唯一の方法「肌断食」とは・・・?

 



  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る