無添加石鹸での洗顔やボディソープ、牛乳石鹸ミヨシ石鹸乾燥敏感肌注意点

無添加石鹸での洗顔やボディウォッシュの注意点

無添加石鹸って、一見何も害がなさそうで、無添加なら絶対肌に優しいから大丈夫!的なイメージがありませんか??

私自身も以前はそんなイメージで無添加石鹸を使い続けていました。

 

ちなみに私が肌断食を始める前までずっと使っていたのは、「牛乳石鹸」です。

牛乳石鹸には青箱と赤箱があるのですが、青を全身(顔と身体)に使っていました。

 

この牛乳石鹸はさっぱりして匂いも良くて、洗い上がりがスッキリしてとても良かったんですが、それでも毎日使い続けると、私のような敏感になっている肌の持ち主には、やはり刺激が積み重なって、やがてダメージとして蓄積されてしまうんですね。

 

もちろん、肌が健康な状態の方にはとても使いやすい石鹸だと思います。

 

でも、これまでいろいろな合成洗浄剤で顔や身体を洗ってきて、明らかに敏感になっている肌。

そういう肌には無添加石鹸でさえもダメージの元となってしまうんです。。

 

もちろん科学的な素材をたくさん含んだ商品よりはダメージが少ないのですが、無添加石鹸はなにより洗浄力が高いんですね。

 

なので、毎日「使わなきゃいけない」という感覚で使い続けると、やがて肌が赤くなりやすくなってきて、皮膚細胞を洗浄して落としすぎて薄くしてしまうんですね。

毎日使いすぎると、常在菌も不安定になってしまいますし、皮脂分泌バランスも崩しやすく、肌本来の機能が壊れやすいんです。

 

私はまさにそんな状態でした・・・。

石鹸を毎日使いすぎると、乾燥を隠すために保湿剤に頼ってしまいがち。

以前の私は、石鹸を使うと乾燥してしまうということをわかっていてもなおやめられませんでした。

洗わないと角質が溜まってくる。↓

洗う。↓

乾燥する。↓

保湿剤に頼る。↓

ごまかせる。↓

でも肌の本質にはダメージ蓄積。

 

・・・わかっていても洗わないと見た目が汚くなるから、使わずにはいられなくなるんですよね。

普通に生活していたら、人間関係もありますし、人と合わなきゃいけないので、これはどうもできないところでもあります。

 

だから辛いんですよね・・・。

心の底では肌状態の矛盾に気が付いているのだけれど、でも、洗浄剤と保湿剤に頼ることを辞められないんですよね・・・

 

これが化粧品依存状態です。

 

私はずっっっとこの繰り返しに悩んできました・・・。

だったらどうすれば化粧依存から自立できるの?

私は、引きこもって一気に化粧品依存から自分を突き放しました。

無理やり自立を促しました。

 

でも、普通に生活するひとにはとてもじゃないですが、一気にやるのは無理があります。。

 

なぜなら、それまでスキンケアが当たり前になっている方が一気に化粧品を断つと、、

超絶荒れるからです。

 

依存度が高い方ほど、化粧品から距離をおいた直後は一時的に荒れます。

 

洗浄剤で落とすことが習慣化している肌を、いきなり洗浄しない生活にしたとしても、もちろん角質はそれまで通りに出続けるからです。

我慢しながらその荒れた状態を長い期間過ごすのは、ストレスが半端ないと思います。

汚肌な人ほどとても辛い時間が続くはずなので、それは無理があると思います。

 

なので、石鹸を使う頻度を徐々に少なくしていくのが大事だと思います。

敏感になっているのに使い続けるのではなく、敏感になっているなら少しづつ洗浄の強度を落としていくのが大事なんです。

 

ゆっくりゆっくりと、一ヶ月ごとでもいいので、依存度を下げていく。

ゆるやかな変化は正直物足りないかもしれませんが、一気に化粧品使用を断つよりは失敗するリスクや挫折するリスクが少なくなります。

 

石鹸の洗浄力に注意しながら、上手く活用していく。

肌断食をしても効果を一度に得られることは絶対にありません。

 

化粧品を使わなくても健康な肌状態を保てる。

その状態にゆっくりと肌を自立させてあげる方法が、肌断食です。

 

かといって、

「石鹸使用を頑なに拒否するのが良い。」

というわけでもありません!!

 

洗いすぎても、洗わなすぎてもダメなんですね・・・。

ややこしいし、最初は私もここらへんのさじ加減がわからなかったです。

 

でも、肌断食を長く継続していく内に、自分の肌状態に向き合うことが出来て、自分が一番自分の肌を理解できるようになるはずです。

 

迷った時は、いつも肌断食の本を読み返して正気を保ってきました。笑

 

ブレてもいいから、失敗して学ぶのが大切だと思います。

 

一時的に荒れるのが嫌だからといって、

また化粧品依存の負のループに逆戻りするのも、それは個人の自由ですが、私自身は肌断食を1年以上継続してきて、心の底から良かったと思えています。

 

始めは辛かったけど、化粧品依存から確実に自立し始めている自分の肌を実感できているので、これは一生続けたいと思っています。

 

ぜひ、肌に悩む方にこそ実践してみてほしい方法が、「宇津木式肌断食」です。

 

興味がある方だけで構わないので、チャレンジして見る価値はあると思います。

私は、いつか汚肌にとびきり感謝できる日が来ると信じております。

汚肌を通じていろんな学びがあったからです。

 

お読み頂いてありがとうございました。

 

そもそも宇津木式って何?肌を蘇らせる唯一の方法「肌断食」とは・・・?

 



  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る