ジョーブログ「瞬発力の高め方」を読んだ感想。思ったこと。

ジョーブログ新刊「瞬発力の高め方」

ついに待ちに待ったジョーさんの新刊が届きました。

届いたのは数日前で、手元に来た瞬間読み始めてました。笑

部屋で何故か立ちながら食いつくように読み、すぐに読み終わりました。

 

それほど熱い内容に、ワクワクしながら読めたんですね。笑

 

とにかくこの本を読んで、自分とジョーさんとの共通点がすごく多くて驚きました。

別に自慢したいとか、無理に寄せたいとかじゃなく、なんかわからないけど、同じ境遇だったことが多かったんです。

 

もちろんジョーさんは私なんか比べ物にならないほどにぶっ飛んだことに常にチャレンジし続けています。

 

でも、これは多分私だけではないはずですが、ジョーさんのことを好きな人って、少なからずなにか自分のなかの「ココロの炎」をくすぐられるような、なんか得体の知れないワクワク感や共通点や、共感だったりを抱いているからこそ、ファンになると思うんです。

 

ジョーさんの光り輝く姿のバックグラウンドにある、なにか深い闇のような部分だったり、苦労があったからこそ今の明るい姿で強く楽しく進んでいる様子。

それがなんとなくわかるからこそ、応援したくなるんですよね。

常に変化し続けるジョーブログ

YouTuberという肩書を背負って活動して成功してきた裏では、批判や邪魔をしてくる人もたくさんいたと思います。

それでも、この本のなかで、ジョーさんはこんなことを言っていました。

「出る杭を打とうとしてくるやつはたくさんいた。けど、最後は絶対応援のチカラが勝つ。出過ぎた杭は、シンデレラボーイや。」

笑われて否定されてバカにされても、きっとどこかに自分のことを良いと思ってくれて応援してくれる人は必ずいる。

だから、批判を恐れてビビってやりたいことを諦めるんじゃなくて、やりたいという気持ちに正直になっていこうぜ。

そう言われている気がしました。

 

でも、これって、何も無謀に突き進むことをだけが良い。と言っているわけではないと私は解釈したいんです。

 

色んな事情があってチャレンジする気力すらも湧いてこない人もたくさんいると思います。

そりゃ誰でもジョーさんのようにハチャメチャになれたら、、

なんて自分と比較してしまうことも在ると思います。

 

でも、私はそれでいいと思いたいんです。

 

弱い自分を倒して強くなろうとするのも大切かも知れない。

でも、弱い自分こそ大事に認めて愛していって、その上で、ゆったりと一歩ずつでも自分の幸せに向かって進んでいく。

弱いダメな自分がいたからこそ学べたことを、それからの人生に活かして生きていく。

 

それが今の私のやりたいことでもあると、強く感じました。

 

人のせいにして、完璧を求めて、人と比べて、自己否定して、人の意見に流されて、、

そんな他人軸だった自分の経験が、いつか同じ境遇で困っている人の助けになるかもしれない。

 

道標になるかも知れない。

 

だから、どんなに悪いように見える過去や経験も、いつか自分のかけがえのない財産や個性となるんですよね。

 

ジョーさんの生き方は、ジョーさんという唯一無二のかけがえのない人生の形だと思うんです。

何が正解なんて無く、だからこそこの本を読んで、私は私の人生を一歩ずつ焦らず進んでいきたいと思いました。

 

ジョーさんの考え方に魂が揺さぶられる思いもたくさんあります。

だからこそ、焦りたくない。

ゆっくりと自分を好きになっていきたいと思いました。

 

俺は俺の人生を!!!

ジョーさんありがとう。。

 

お読み頂いてありがとうございました。

 



  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る