【断食第二回】6日目 回復期2日目のメニュー 食についての考え方

断食6日目(回復期2日目)

【断食第二回】5日目

 

こんばんは、チッターです。

回復期2日目でしたー!

 

今日の回復食メニューはこちらでした。

:五分がゆ(姿のあるご飯粒と液体で半分ずつ程度)
豆腐の味噌汁
梅干(中サイズ)
りんごとニンジンのシャーベット

:全粥(一般的な普通のおかゆ)
くるま麩と豆腐の煮物
ジャガイモの煮物
梅干(大)

 

とても美味しくいただきました^^

体重の変化

体重は開始時60kg

断食6日目は56,6kgでした。

昨日5日目は56,5kgだったので、回復期順調です。

6日目の画像

目つきと人相悪いのはほんっとに気にしないでください。コンプレックスなので・・・。笑

断食開始前の身体↓

・・・明らかに肉取れました。笑

身体の怠さと意識の重さもすっかり取れてきました!

ファスティングで見事デトックスに成功しました。

人相はこれから良くしていきたいと思います。笑

まとめ

結果、今回の断食でピーク時3,5kg減量しました。

それと、思考の軽さがなんといっても段違いですね。笑

これを求めて断食をしたといっても過言ではないです。

断食の効果は改めてすごいと感じております。

 

明日明後日は徐々に普通の食事に戻しつつ、食べ過ぎに注意しながら断食終了です!!

食について・・・

そして、ゆるいヴィーガンのライフスタイルも再開したくなりました。

(ヴィーガンとは動物性の食品などをなるべく避ける生活スタイルのこと)

 

自分が食べると重くなるものって、きっと、「自分の手で殺せる命かどうか。」

だと個人的に感じました。

食べた時に「罪悪感」を感じるものを食べると、決まって身体が重くなることも気が付きました。

 

私はやっぱり肉は食えません。

でも、だからといって肉を食べている人を否定する気はありません。

みんなちがってみんないいと思います。

大事なのは自分自身がどう生きて行くかだけだと改めて強く感じております。

熱くなってヴィーガンを他人に強要するのも自由ですが、そんなのワクワクしませんしね。笑

やりたい人が自由にやればいいだけの話で、互いに否定し合ってどっちが正しいかとか、傷つけ合う必要はないと感じます。

 

私は自分の手で魚は殺せますし卵も取れます。

でも、豚や牛や鶏は殺せません。。

ビビリなので。。

 

それに、豚や牛や鶏は、家族の一員である猫のチビタとなんら変わりがなく思えてしまうので、私は世界がサバイバル状態になるまでは、肉は食えそうにありません・・・。笑

ていうか、食ったとしてもどうせ腹下しちゃうんですけどね・・・

 

またいつか考えがコロッと変わるかもしれませんが、それはそれで人生ですね!笑

ひとの自由!

みんなちがうから面白い。

全部自由ですよね。

 

(※追記 結局現在(2018.6)は添加物も動物性食品もなんでもおいしくいただくという食生活に戻しております。)

~ゆるおまけ~

今日は関東あたたかかったですね。

昼間散歩してきました。

太陽があったかかったです!

以上、お読み頂いてありがとうございました。

 

超絶リバウンド6kg!!断食後にヤケ食いした男の末路画像・・・。

 

 

 



  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る