【ゆる日記】私は「変なひと」です。

 

 

 

 

※あくまでも一つの個人的見解に過ぎません。考え方は日々変化しておりますのでくれぐれも鵜呑みせず粗探しせず盲信せずにお読み下さい。

 

 

 

 

 

おはようございます!チッターです。

今朝も冷え込みましたね。

おなじみの神社散歩行ってきました!

 

今日の朝日です!

ほんとめっちゃキレイ・・・。

 

 

突然ですが、

「変」って、いったい誰の基準なんでしょうかね・・・?

 

 

結局はそれって「常識」だったり、「世間の風潮」だったりかもしれませんね。

 

高橋優さんの「希望の歌」という曲の歌詞にこんな言葉があります・・・

「鉄が空を飛べるはずがないじゃん」と嘲笑った人々にライトブラザーズがやってのけたこと

今君が頭ん中で描いていることも あながち捨てたもんじゃないと僕は思うのさ

 

きっと、何かをたった一人の孤独ででも信じ続けることで、

そして思考をし続けることで、それを現実に反映することができるんですよね。

 

過去の偉人が成し遂げた偉業だって、いつだって最初はバカにされてきたんですよね。

笑われて、否定されて、、

でも、自分には、自分だけはそれを信じている。

自分が信じれればそれでいいんですよね。

 

それがやがて現実として形になる時がやってくる。

 

でも、どうせまだ全くといっていいほど読まれているブログではないし、

このブログは、私の自分の居場所だから。

唯一自分が自分でいられる場所だから。

 

だから、人にどう思われようが、大事なのは「今」の自分の正直な気持ちだと思うんです。

 

学校教育やマスメディアや、世論なんかで抑圧されて来た歴史を経て現代の「常識」ってのは、「学校教育を作った者の正義」が基盤です。

 

ホントは日本人の一人一人に「かけがえのない個性」があるのに、

学校教育はその個性達を、決められた「枠」にはめて、社会に従順な人間を量産するんです。

 

だって、ホントはみんな遊びたいじゃないですか・・・。笑

ホントは朝から晩までゲームしたいじゃないですか!

ホントはつまんない仕事なんか辞めて、好きな人とだけ出かけたいじゃないですか!

ホントは困ってる人に声かけて、一緒に痛みを分かち合って、笑いたいじゃないですか!

 

他人見下して、ダサいやつを嘲笑って、自分より優れてるように見える人に嫉妬して、、

ホントは、そんなの全部ふっとばして蹴っ飛ばしてぶち破って、

ありのままの自分をさらけ出して心の底から笑いたいじゃないですか!!!

 

でも、今の自分にできることってなんなんですかね・・・?

社会に不満を持ち続けて、恨んで、悪を悪だと追い込むことなんですかね?

 

それってぶっちゃけ楽しくないですよね・・・?

 

だったら、

自分が「これだけは誰に何と言われようと大好き!超好き!やめらんねえ!」っていうものや、そんな人に、

ありったけ自分の人生懸けてみたほうが、めちゃくちゃ楽しくないですか?!

 

嫌々仕事続けて、我慢してお金稼いで、、

それでも他人よりも少しでも幸せな生活を手にしたいからって・・・

 

だったら、他人なんかほっといて、まず「自分優先」で超幸せになる道、進みたくないですか?

 

自分勝手に生きるとか、他人に迷惑かけるとか、人を傷つけるとか、、

そんなのが「自分優先」ということではなく、

自分を尊重し、自分を第一に認めて行くことで、

他人にも優しくなれて、余裕ができたら愛をおすそ分けなんてのもできるようになっていく。

 

それが、「自分自身を100%で愛せる人生」だと思うんです。

 

だから、結局何がいいたいのかは、笑

どんだけ「変な人」と笑われようが、自分だけでも幸せだったらそれで全部OKなんですよね。

なんも心配いらないんですよね。

 

私は、ゆっくりと、そういうありのままの自分に向かって進んで行きたいです。

そのための1つの大きな方法が、このブログなんです。

 

言ってることややってることがコロコロ変わってもいい!

その瞬間瞬間が、全部私だから!!

 

高橋優さんが「リアルタイム・シンガーソングライター」なんだとしたら、

私はリアルタイム・ニュートラルブロガーで生きます。

 

ブレて、病んで、悩んで、悲鳴あげて、強がって、でも、全部その瞬間瞬間が私自身のかけがえのない人生。

 

でも、いつも変わらず軸の部分にあるのは、「真ん中・ニュートラル」の自分。

 

「今」の気持ちをひたすらさらけ出すと、長文でもゆる~くあっという間なんですよね~。

 

あなたも自分の「悩み」や「闇」や「好き」や「ワクワク」をありったけ吐き出せる場所を、手に入れてみてはいかがでしょうか・・・?

 

お読み頂いてありがとうございました。

 

 

 

 

※あくまでも一つの個人的見解に過ぎません。考え方は日々変化しておりますのでくれぐれも鵜呑みせず粗探しせず盲信せずにお読み下さい。

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る