宇津木式1年半男の洗顔やり方失敗しない石鹸&ワセリンの使い方ブログ

宇津木式スキンケア法のやり方を徹底解説!!

どうも、ネガティブ汚肌引きこもりブロガーのチッターです!

私は酷い汚肌に悩んだ末、肌断食という方法を1年半以上継続中です。(全身)

 

1年半での変化↓

 

この記事では、宇津木式スキンケア法の詳しいやり方を、徹底解説していきたいと想います。

 

 

 

 

(宇津木式ってそもそも何? という方は、まずこちらの記事「そもそも宇津木式って何?肌を蘇らせる唯一の方法「肌断食」とは・・・?」をご覧くださいね!)

 

 

肌断食で挫折しないための超重要記事になりますので、最初から最後まで、ぜひじっくりとお読み下さい。

・肌断食始めてから、荒れる一方で不安。

・今の自分のやり方は、本当に合っているのだろうか・・・?

私自身も、そんな迷いや悩みを何度も何度も繰り返して来ました。

肌断食を1年以上続けた今(2018年2月時点)でも、たまにはブレて我流に走ってしまうこともあります。

 

しかし、ブレた後も結局はいつも基本のやり方へ戻ることになります。

私は特にビビリなので、ほんとにその繰り返しで今に至ります・・・。

 

だからこそ、そんな「不安」や「曖昧な解釈」を、この記事でしっかりとブレない軸にしていきましょう。

 

・・・まず大前提として、以下の文を※必ず読んで下さい!

宇津木式スキンケア法は、

肌本来の機能を最大限守り、肌自ら潤う保湿力を取り戻す唯一の方法です。

あなたの肌本来の保湿力は、どれほど高価なクリームでも、到底太刀打ちできないほど優れたものです。

これまで長期間に渡って肌にダメージを蓄積して来た方、

男性、女性、年齢がいくつであっても、宇津木式スキンケア法によって美肌を取り戻せる日は必ず来ます。

・・・これを理解していただいた上で、宇津木式スキンケア法の詳しいやり方を解説していきます。

~ブログ筆者「チッター」の汚肌変遷比較画像~

ここで私の汚肌人生を画像で簡単に振り返ってみます。

「小学生→大学生→肌断食1年後」

↓↓

↓↓

宇津木式スキンケア法の具体的なやり方

1,化粧水、美容液、乳液、クリームなどの基礎化粧品は一切つけない。

2,朝晩ともに、顔は「※ぬるま水」だけで洗う。

3,クレンジングは何があっても絶対に使わない。

4,ファンデーションはつけない(どうしてもつけたい場合はパウダータイプ)。

5,特別な日だけはリキッドやクリームのファンデーションをつけてもいいが、落とすのにクレンジングは使わず純石鹸で泡洗顔。

6,肌の乾燥が気になる時のみ、ほんのちょっとの純ワセリンをこすらず押しづけする。

7,アイメークや口紅などのポイントメークはOK。

 

原則的にはぬるま水で洗うだけで、余計なことは一切しない。

朝も夜も、ぬるま水で洗うだけのケアで、肌をゆっくりと化粧品依存状態から自立させてあげます。

ここが間違えやすい!ぬるま水洗顔の注意点。

※ぬるま水とは、

「ぬるま湯よりも低い温度の(34度以下)の水」のことです。

熱すぎても冷たすぎてもいけない、体温よりも少し冷たい温度です。

女性の方は、
クレンジングはもちろん、できるだけせっけんを使わずに朝晩ぬるま水だけで洗います。

男性の方も同様に、
朝晩のぬるま水洗顔のケアが、肌をゆっくりと蘇らせるんです。

 

継続すればするほど乾燥は収まっていき、肌本来の潤いが徐々に戻ってきます。

ぬるま水洗顔だけでホントに汚れが落ちるの・・・??

ぬるま水だけだと、全然洗えた気になりませんよね・・・?

でも、心配いりません。

「皮脂に含まれる遊離脂肪酸の一部も、酸化してできた有害な過酸化物も皮膚の上で溶けた状態ですから、

体表温度と同じ34~35度かそれ以下の「ぬるま水」で汗やホコリと一緒にきれいに落とすことができます。

しかも必要な油脂は残ります。朝も夜もぬるま水で洗うだけのケアが、肌を生き返らせます。」

「宇津木式スキンケア事典 P,92より引用」

熱いお湯は厳禁。かならず34度以下のぬるま水で朝晩洗う。

私は11ヶ月以上の肌断食によって、熱いお湯で洗うのは絶対に厳禁だとよくわかりました。

熱いお湯で洗うと、その瞬間は気持ちいいのですが、そのあと必ず乾燥します。

 

肌の機能が健康な人は、当たり前に使える熱いお湯でも、

私のように熱心に肌にダメージを蓄積してきた人は、その分だけ肌が敏感になっているので、絶対に厳禁です。

意外に忘れがち!シャワーの水圧にも気をつけよう。

これも意外と忘れがちで、ついやってしまうNG行為です・・・!!

 

肌のバリア機能を担っている「角質層」は、

その薄さわずか0,02mm、サランラップ2枚ほどの超薄い組織です!!

なので、ただでさえ敏感になっている肌に勢い良くシャワーを当てると、それだけで肌の組織は壊れてしまうんですね・・・

少し弱すぎるかな?くらいがベスト!

これが基本!洗顔方法の具体的な解説。

迷いがちな洗顔方法・・・。

その詳しいやり方をここでしっかりと把握しましょう。

①ぬるま水洗顔

・両手でぬるま水をすくい、その中に顔を入れる。

・手のおけに顔をつけて洗う感覚。

・手のひら全体で顔に触れたまま、手のひらをやや強く押し付けては力を抜く、を繰り返す。

・手のひらと顔の間にある水を感じて行う。

・顔の正面を洗ったら、顔の向きを変えて生え際も気をつけて丁寧に繰り返す。

 

※注意点 ただ水をかけているだけではダメ。力加減は垢や皮脂の溜まり具合で調整する。

 

②純せっけん洗顔

<用意するもの>

・泡立てネットorスポンジ
・いちいち泡を立てるのがめんどくさいという方は「ミヨシの純石鹸」がオススメ。

 

<やり方>
・純せっけんをよく泡立てて卓球玉程度の泡をつくる。

・指の腹で「うぶ毛洗い」プリンの表面をなぜる程度の力。(※この時、明らかな垢や皮脂が溜まっている場合、ある程度強くこすって落とす。明らかな垢の堆積はさせない。)

・「押し洗い」をする。泡をつけた手のひらを、おでことほっぺに押し当てたまま、皮膚を押す力を強めたり緩めたりを素早く繰り返す。(※洗顔中は、手のひらが顔の皮膚に触れたまま離れないように動かすのがコツ。よく洗う時はやや強めに、水で流す程度のときは軽く触れる程度に力を入れる。)

・ぬるま水洗顔と同じやり方ですすぐ。

 

※注意点※

・洗顔する力と回数は、日々の肌の状態に合わせて適度に調整する。洗いすぎも洗わなすぎもトラブルのもと!

・バシャバシャと水を強くかけるのはNG!

・シャワーをかける場合も水温と水圧は低めを徹底!

これも超大事!基本の拭き方・ワセリンの付け方

~基本の拭き方~

顔をぬるま水ですすいだら、すぐにタオルで水気を拭き取る。

ここで注意したいのが、こすらないということ。

ホントにやさしくタオルを顔へ当てて、静かに押し付けるイメージ!

 

~ワセリンの解説~

< 用意するもの >

・純ワセリン(白色ワセリン・サンホワイト)

 

< つけ方 >

・(できれば清潔な綿棒で)米粒1つ分をとる。

・直接顔に塗るのではなく、手のひらに拡げてよくこすり合わせて手全体になじませる。

・乾燥や粉吹きが気になる所だけに、手のひらをそっと押し当てる。

※くちびるのケアにもワセリンで対処してあげて下さい。しかし、つけ過ぎは厳禁。米半粒分を指先に拡げて押し付ける。

 

※ワセリンは、サンホワイトという商品が超オススメです。

なぜ肌断食にはサンホワイトがおすすめ?男の角栓肌荒れに安全なワセリン

私も愛用しておりますが、

・チューブタイプもあるので雑菌がはいりにくい

・気軽に持ち運べるサイズなので旅行などでも活躍

などのメリットがあります。

2016年には「@コスメ」で第2位を記録した商品で、

市販のワセリンには不純物が含まれていますが、サンホワイトは純粋なワセリンです。

 

純石鹸洗顔「ミヨシ 泡洗顔」という商品が超オススメです。

なぜ肌断食にはミヨシの純石鹸がおすすめ?男の角栓肌荒れに安全な純石鹸

・毎回いちいち泡立てるのがめんどくさい方。

・素材も安心で、無添加。

・泡切れも良く、もちもちの泡で出てくる。

となっております。

 

角栓とニキビは、辛抱強く耐えながら進むしかない。

「肌断食の前半戦は、新陳代謝が十分に改善されていないせいで、古くなった角質細胞がはがれずらく、角質は肥厚しています。

そのため、皮脂の出口である毛穴が塞がっているので、ニキビができやすくなるというわけです。

これも1にも2にも辛抱です。

宇津木式スキンケア法を続けていれば、次第に新陳代謝が活発になって角質の肥厚も解消し、

皮脂がスムーズに毛穴から出るようになって、ニキビも治ってきます。」

「宇津木式スキンケア事典 P,114より引用」

私の肌経過画像の変遷を観ていただければわかると思いますが、本当に辛くて辛くて仕方がない時期も乗り越えてきて、現在の私があります。

いまあなたの肌に角栓がどれだけあったとしても、宇津木式を信じて継続していけば、必ず良くなります。

最後の注意点!私もなりかけた脂漏性皮膚炎・・・。

私の場合は、

「朝晩のぬるま水洗顔」の内の、”朝のケア”を怠っていたことが原因で、脂漏性皮膚炎になりかけました。

 

私は「肌をなるべく乾燥させたくないから、めんどいから、」という理由で、

2ヶ月間ほど、「朝は放置」というやり方をしていたんです・・・。

 

もちろん、最初は乾燥を防げていい感じだ!と思っていたのですが、

調子に乗ってそのまま過ごしていたら、皮脂の酸化を引き起こしてしまい、

夜寝ている間にめちゃ痒くなって掻きむしってしまうことがありました。

 

赤くなり、皮膚が薄くなり、薄い皮が付いているような感じになり、

汁が出てしまうほど掻いてしまう事態にもなりました。

 

すぐに「これは朝の洗顔を辞めていたからだ。」と気がついてからは、

朝もしっかりと正しいぬるま水洗顔をして、乾燥している時は無理せずワセリンをつけるようにしたら、すぐに良くなりました!

 

振り返ってみると、朝の洗顔を辞めてからの期間は、改善スピードが遅かったです・・・。

でも、この失敗があったからこそブレないようになるんですね!

 

いずれにしろ、

「朝晩のぬるま水洗顔で十分健康な状態を保てる」ということがゴールでもあるので、

乾燥肌の人も、皮脂が多い人も、そこへ向けて慣れさせて継続していくというイメージです。

 

(※乾燥してるのに、角栓が邪魔でワセリンをつけられないという時は、

明らかに角栓が堆積して溜まっている状態なので、一度純石鹸洗顔でやや強めに擦ってリセットしてあげてみて、

その後しっかりと適量を守ってワセリンをつける。そしてまた角栓が溜まるまではぬるま水洗顔、、ということを継続していってみるとトラブルに対応できると思います。)

~まとめ~

・とにかく基本は朝晩のぬるま水洗顔。

 

・水の温度、シャワーの水圧、拭き方に気をつけて基本をできるだけ守って継続する。

 

・乾燥や粉吹きには、純ワセリンで無理せずしっかりと対応する。

 

・明らかな垢や角栓の堆積は、純石鹸の泡洗顔でリセット。

 

・乾燥するからといって洗顔しないのは、逆効果で脂漏性皮膚炎を引き起こす場合もあるので注意。

 

無理せず自分のペースで、とにかく継続していくことが最重要。

 

あなたの生活環境や精神状態によって、決して無理のないペースで継続していってくださいね。

 

信じて続けることで、

「ありのままの自分で、心の底から笑える日」は絶対に絶対に来ます・・・。

 

私自身は、

どれだけ笑われても、どれだけバカにされても、どれだけ否定されてこようと、、

「1年後見とけコラ!ばかカスこの野郎おたんこなすがぁ!泣」

という気持ちで続けて来ました。(マジです。)笑

 

そして実際に一年以上経ってみて、本当に考えられないくらい変わっていましたからね!

 

でも、あなた自身がこの記事をよんで、

「ワクワクする未来のビジョン」が浮かばなかったのなら、この方法は今あなたには実践するべきではないということだと思っています。

 

不安や恐怖もあるし、遠い未来かもしれないけど、、でも確かに笑えている自分を想像できる気がする・・・!というのなら、

この方法を信じて試してみる価値は、本気で心の底から十分にあると思っております。

 

私は、「もう自分に嘘つくのはウンザリだ」と思って肌断食を続けてきて、もうすぐ(2018年2月3日)で1年が経過します・・・。

今では、確かに笑えている自分を想像出来ています!!

 

とにかく、

自分のワクワクに従って行動してみてくださいね!

 

ここまで読んで頂いて、本当にありがとうございました^^

何か質問や感想などありましたら、ご気軽にお問い合わせ下さい!

 

 

 

【ワセリン解説記事】なぜ肌断食にはサンホワイトがおすすめ?男の角栓肌荒れに安全なワセリン↓

 

 

 

【純石鹸解説記事】なぜ肌断食にはミヨシの純石鹸がおすすめ?男の角栓肌荒れに安全な純石鹸↓

 

 

 



  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

    • 高校生O
    • 2019年 2月 12日

    3回目の質問です、大至急返事が欲しいです。正直もー死のうかってくらい精神にきてます。今肌断食初めて75日経ちました。ですが瘡蓋が目立って本当に人と会うの話すのが辛いです。そーゆー時の対処方を教えてほしいです。瘡蓋をまだ1回もリセットしていなかったので少しやってみると穴が空いたように剥がすと空いていました。それを見てすぐにやめもーどーすればいいかわからないです。3月1には卒業式で写真も撮るので正直リセットしたいですけどすると毛穴みたいに穴がぽっかり空いてます。もーどーすればいいかわかりません、本気できついです。どうかお返事をいただきたいです。お願いします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る