【NARUTO陰謀論】現実社会の支配構造を暗示?暁はイルミナティ・・・?

NARUTOはただの少年漫画ではなかった・・・

(※この記事は一部ネタバレを含みます。また、あくまでも私個人の見解からの記事ですのでご了承願います。結構イタい内容なので、都市伝説だと思ってあまり真に受けずに楽しんでくれると幸いです。笑)

 

 

 

漫画や映画、音楽には、世の中の裏の事情や仕組みを暗に語りかけている作品が多く存在します。

世界的大人気漫画「ワンピース」をはじめ、漫画やアニメにはこれでもかというくらいに、陰謀を暗示している作品ばかりです。

そのかなりの描写が現実社会とつながっていたことに気がつくでしょう・・・。

 

 

今回はジャンプの大人気マンガ「NARUTO」に隠されたメッセージを書きなぐりました。

 

=イルミナティ(ラテン語で【光に照らされたもの】)

 

暁の裏ボス「うちはマダラ」の「右目のみを出した仮面」=プロビデンスの目(イルミナティのシンボル)

 

「暁のメンバー」はその真の目的を知らされないまま、利用されて動く。(イルミナティの下部組織「フリーメイソン」=ビルダーバーグ会議、CIA、モサド、CFR、外交問題評議会、FRBを支配下に情報操作で大衆市民を洗脳。)

 

尾獣=原子力(核兵器)

 

大蛇丸=蛇=レプティリアン(蛇・龍人間)

 

うちはイタチ(木の葉暗部とうちはの二重スパイ)=カラスの影分身=八咫烏(戸籍に入ることを免除された陰の存在)=裏天皇の守護者(第二次世界大戦で散った先人たちも含む)天照(暗黒の炎)=太陽黒点(火をも飲み込む高温)

 

うちはサスケ(イタチが陰で、命を懸けて守った現代を生きる私達日本人。)

 

 

 

 

現代の日本は自由であるように思えるが、実は一握りの富裕層やピラミッドの頂点の支配者層によって意図的に経済や政治や国際情勢などを操られている。

 

戦後から今日に至るまで、GHQの政策によって洗脳されている日本人の精神性。

うちは一族(日本人)はその力の強さゆえ、忍界大戦(第二次世界大戦)後に恐れられた。

真実に気付いて団結して、その気になれば世界を変えられる力を持つから(人類の起源は日本人)。

 

(・・・事実第2次世界大戦中、神風特攻隊の命を懸けた決死の猛攻により、連合国に恐怖を与えた。

また、それによってアジア各国の独立に繋がった。

だから第2次世界大戦は、別名「大東亜戦争」と呼ばれている。もちろん教科書には載せられない真実。)

 

そして、人間には本来スピリチュアル的な力が存在する。

精神世界を語ると「おかしい人」というレッテルを貼られる。

しかしコレ自体が仕組まれたもの。(世界を裏で動かす権力によるもの)

 

「常識」=「一部の富裕層が管理しやすい社会の決まり」

 

「チャクラ」とはなにも漫画だけの世界ではない。私達一人一人に存在するエネルギーや波動のこと。作者の岸本先生は全て知った上で神話などを用いて物語を作っていた。

戦後の重大事件は全て闇の勢力のシナリオ通り。(暗殺事件や9,11や3,11など小保方さんのアレなど)

マダラのシナリオ通りに世界は動かされていた。

 

私達一般人は「塀の中の子羊」。

常に一握りの富裕層の都合よくコントロールされて生きている。

敗戦国が自虐史観を植え付けられるのもそれ。

 

今まで日本人を騙してきた支配者への怒りに身を任せて復讐に駆られれば、

「うちは(日本人)」は自ら九尾で里(世界)を滅ぼしてしまう。(九尾=核戦争のこと)

 

それでは支配者とやってることが結局同じことになる。

というより過去の戦争から何も学んでいないことになる。

 

地球人類の歴史は何度も何度も核戦争によって滅亡してきている。アトランティス文明などもその一つだ。

今は信じられなくてもこれから嫌でも真実は明かされてくることになる。

 

ではなぜ学校で真実を教えてくれなかったの??

 

それは、「現在の学校教育を作ったのは誰か?」という所にぶち当たる。

 

・・・答えは「GHQ(戦勝国アメリカ)」じゃないか?

テレビや新聞などのメディアの情報を制限している正体はどこだ?GHQじゃないか?

 

その「アメリカに支配されたテレビ」が勧める商品は、本当に安全なのだろうか??

スポンサーは大手食品企業や大手化粧品企業。

テレビではそのスポンサーの商品が売れるような情報しか流せないんじゃないか?

 

それでも真実を伝えようとした人は何人もこの世から静かに消されたことはご存知?

口封じは現代も当たり前に存在している。

 

邪魔者は消せ。

情報操作。

それが支配者の常套手段だ。

 

ニュースは「不審死」ということだけで済まされて、平和な日常へと戻る社会は正常・・?!

 

テレビで紹介される食品が安全なのだとしたら、なぜ日本人の2人に1人がガンになる・・?

 

他国では使用禁止されている農薬や化学物質の量を、日本では遥かに越えている。

でもテレビでそんなニュースは一切流れない。

大手スポンサーが財力で隠蔽するからだ。日本の法律はゆるい制限によって利益を優先している。

 

世界は金で簡単に動く。

 

真実はテレビでは流せない。

なぜか・・?

テレビはどこが支配している?

テレビを疑えなかったのがいままでの時代だ。

 

だが今はネットがある。

 

もう財力は力を持たない。

これからの武器は情報力だ。

真実は一気に拡散していく。もう止められない。

全ては繋がっている・・。

 

気付いてしまえば子供だましに過ぎない。

気付いた時、必ず怒りを覚えるだろう。

なぜならその洗脳によって、今までどれだけの人の命が奪われてきたか?

考えるだけでも気が遠くなる。

 

誰かの利益のために、涙を飲んでいる人が封殺されてきたのがこれまでの常識だった。

 

膨大ながん患者によって利益を得ているのは病院。

ガン検診は国の大事な収入源だった。

農薬や添加物を疑わなかった今までの世代は、ゆっくりじっくり何年もかけてガン細胞を律儀に育て、医者のお財布を潤してきた。

 

医者の家族は絶対にガン治療を受けない。

 

ガンは農薬や添加物を摂らずに、食事を1食減らすだけで治る。

1日3食では腸に負担がかかる。弱った腸は消化の力を徐々に失い、吸収されなかった分が毒素となる。

身体は毒素を全身に回さないように機能してくれる。全身に回れば一瞬でお陀仏だからだ。

その毒素が一点に集中した最たるものが癌細胞だ。

 

そんな真実も知らされずに今日も奴隷一般人は黙々と食べ続ける。

黙々と癌への道を進んでいるんだ。

こんな情報は「癌 利権」で調べればいくらでも出てくる。

 

福島の事故で痛いほど学んだはずの原発問題。

それなのになぜ再稼働する動きがやまない??

 

再稼働によって莫大な利益を得ている一部の人間がいるからだ。

なにがなんでも再稼働してくれないと困る人間がいるからだ。

 

自分達が死ぬまで贅沢するために、未来の子供たちの安全などどうでもいいのか??

本当にそれでいいのだろうか・・・?

 

見て見ぬふりせずに真実を伝えようとした者は、殺されて隠蔽されてきた。

逆らうものは権力と恐怖によって抑え込まれてきた。

 

でも、それはもうおわりだ。今はもう止められないんだ。

 

イタチ(先人たち)はサスケ(現代の日本人)に何を伝えたかったんだ?

 

一族を皆殺しにして闇に徹してでも、里の真の未来を願って光を隠したんだろう?

闇に魂を売ったふりをしてサスケに憎まれてまで、

死ぬまで完璧に闇を演じ続けてまで、サスケという「最後の希望の光」を残したんだろう?

 

イタチ(神風特攻隊)は、自らの尊い命をもって、サスケ(未来の日本人)という未来に懸けたんだろう・・?!

サスケは紛れもなく、私達現代日本人のことだ・・!!

 

神風特攻隊のことを「戦争テロ集団」などと呼ぶマスコミが果たして真実を伝えると思うか?!

右翼とか左翼とかそういうくだらない括りはふっとばしちまえ。

 

イタチは言った。

「知識や認識とは曖昧なモノだ、その現実は幻かもしれない。
人は皆思い込みの中で生きている、そうは考えられないか?」

 

命を懸けて散っていった先人たちの命があったから、今、日本人は何不自由なく平和に思える生活を手にしているんだ!!

 

多くの人は何も真実を知らずに、犠牲になった先人の存在を知らずに、当たり前のように生きている。

 

自らのその暖かい手で戦闘機の操縦桿を握り、敵艦めがけて体当たりしに行く恐怖は、現代を生きる私たちには到底想像できない恐怖だろう。

その一人一人に家族がいて、愛する人がいた者もいる。

 

特攻隊に選ばれるのは、とてつもなく頭がよく、運動神経もずば抜けた超精鋭ばかりだった。

それに、全員未来のある若者たちだったんだ・・。

 

一人一人に尊い未来があったんだ。

それを一握りの人間の欲や権力争いや、くだらない正義のぶつけ合いの駒にされて、一瞬で消えていったんだ・・。

 

そこには確かに私達と同じ命が存在していたんだ。

恐怖よりも、愛する人や家族の未来の希望に懸けて死んでいったんだ。

 

もうこんなくだらない悲惨な争い終わりにしよう・・。

みんなが手を取り合って愛に満ちた未来を創造していこう・・!

 

大事なのは、真実に気付いた時こそ怒りに支配されるのではなく、

許し、認め、九尾や尾獣達と友達になること。(=原子力や闇の勢力を解放すること)

=全世界がひとつになること。

 

「朝鮮人は劣っている」とか、「白人は冷酷」とか、、

優越感や排他的思考、憎しみや劣等感に身を任せても、過去の歴史の過ちを繰り返すだけ。

 

これは決して他人事じゃない。あなたは一人の日本人。

 

一人の力ではどうにもできない?

そんなことはない。

 

イタチは言った、、

「どんな術にも弱点となる穴は必ずある!」

闇の勢力がどうあがいても手にすることができないもの、

支配者層の弱点、

それこそが、「愛」だ・・!

愛に飢えているから争うんだ。愛が足りないから力で支配するんだ。

今あなたの周りにいる人へ、愛を持って接するだけでいい。

 

当たり前の日常に、ほんの少し感謝するだけでいいんだ。

 

それを一人一人が、全人類ができる未来がきっと来る。

忍界大戦中に、一人の力で全てを背負おうとしたナルトに対して

イタチは言った、

「火影になった者が皆から認められるんじゃない。皆から認められた者が火影になるんだ。」

一人で出来ないなら、助けを求めればいい。

同じ意志を持つ仲間と協力して、助け合って進んでいけばいい・・。

 

 

思考は現実化する。

 

 

ナルトは「諦めねェど根性」で、里の英雄になった。

いくら里の人間に馬鹿にされてこようと、

「真っ直ぐ自分の言葉は曲げねえ忍道」を貫いて、誰もが認める立派な火影となった。

信じる力はバカにできない。

一人でもやれることをやるんだ。

一人一人がワクワクすることをやることこそが、最高の地球孝行だ。

宇宙孝行だ。

私たちは時代の変革の渦中に存在している。

 

これは決して、「NARUTOという漫画」の中だけの話ではない。

 

現実社会を見事に暗喩している・・・。

 

日本人よ、今こそ気付く時。

今の時代は、知ろうとすることでいくらでも真実に触れられる。

ワンピースや進撃の巨人やハガレン、エヴァや蒼穹のファフナーなど、、

漫画一つをとっても、真実を知る者からのたくさんのメッセージが隠されている。

 

ストレートに真実を明かせば隠蔽される。「イザナギ」によって無かったことにされるんだ。

テレビは支配されたメディア。

歴史上いつだってテレビや新聞は世論を都合のいいように動かしてきた。

戦争は一部の人間の軍事ビジネスにすぎない。

 

しかし、支配者層が絶対権力だと信じてやまない情報操作(=イザナギ)にも、唯一あらがえないものがある。

それが「驕り」だ。

 

力に頼って自分が強くなったと勘違いする内に、本当の自分はどんどん無意識に、愛に飢えた人生をループすることになる。(=イザナミ)

 

惑わされるな。

真実は愛。

 

自分自身を見つめ直し、驕りや自己欺瞞を認めた時に初めて、自分自身を愛せる道に進める。

 

表舞台で光を浴びるものだけを常識と思うな。常識を疑え。

便利な科学技術は「使う」ものであって、人間が技術に「使われる」ようになれば、考える力を失い「無限月読」とおんなじ世界になる。

 

「他」に依存するな。自分自身の意思を見失うな。

邪な心に支配されるな。他人に嫉妬し過ぎるな。

 

大事なものを忘れるな。自分自身を認め愛することが、他者を尊重する未来への第一歩。

 

イタチは言った、

「己自身を認めてやることができない奴は失敗する かつてのオレのようにな」

 

なにも闇と真正面から闘う必要はない。

愛を持って闇と友達になりながら、たとえ小さな事でも周りに光を振りまくんだ。

政府に期待するな!救世主を待つな!

あなたと私で一歩づつ変えていくんだ。

 

今こそ私達日本人の1人1人が、

「陰で国の未来を支えたイタチ」の意志を継ぐ、「サスケ」になる時・・!

 

 

イタチ(先人たち)は最後の最後で、サスケ(現代の日本人)に向けてこう言った、、

「お前はオレのことをずっと許さなくていい・・・ お前がこれからどうなろうと おれはお前をずっと愛している」

 

 

・・・そして、

本気で「闇の役を演じた者」も、

本気で「光の役を演じた者」も、

 

最後はみんなで一緒に笑えばいいんだ。

 

闇が在るから光を感じられる。光が在るから闇を感じられる。

結局この宇宙には「良い」も「悪い」もなく、

 

全ては「学び」だったと。

ぜーんぶ「地球での楽しい遊び」だったんだと・・・

 

・・・信じるか信じないかは、アナタ次第です。

 

 

 

・・・以上、中二病重症患者の戯言でした!!!笑

※ただの戯言なので、くれぐれも信じないで下さいね・・・?


漫画「NARUTO-ナルト-」

 

 



  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る