男も女も年齢も関係なし!宇津木式肌断食は全人類共通最強スキンケア法?

肌断食は全人類最強のスキンケア法だと思うんです!

どうも、汚肌引きこもりブロガーのチッターです。

いきなりですが私は、

きっと肌断食って、全人類共通の最強スキンケア法だと思うんです。

そもそも肌って、人間が生まれてから成長するにあたって、どれだけダメージを蓄積してきたかによって肌の状態が変わってくると思うんです。

もちろん生まれつきの体質の違いは大なり小なりありますが、根本的には地球人類みんな同じメカニズムの肉体を持って生まれてきますよね。(宇宙人の方は別ですけど!笑)

それに、東南アジアやアフリカなどの、貧困層の発展途上国の人たちの肌は、子供から大人まで、比較的美肌の人が多いです。

この人達って、風呂にも滅多に入れない人もいれば、化粧品は一度も使ったことがない。なんて人もたくさんいます。

日本の常識では考えられないことでも、海外ではそれが当たり前なんてよくあります。

化粧品を使い続けてきて、本当に効果がありましたか?

スキンケアって続けていくことによって、

長期的に見て肌が良くなっているのか、またはそうではないのかって、正直あんまりよくわからなくないですか??

以前の私は、

「口コミでとても話題で、CMでも流れてるし、あの有名人も使ってオススメしてるし、美肌の友達も使ってる。パッケージもおしゃれだし、とりあえず買ってみよう!」みたいな感じで化粧品を使う日々だったんですが、

ある時から、
「いや、これぶっちゃけ意味ないんじゃないか・・?」って思うようになったんですよね。

というか、肌断食を10ヶ月以上続けてきた私だからこそ、ハッキリ言えます。

化粧品では肌本来の機能を健康にすることはできません。

※全ての化粧品を完全否定するつもりは全くありません。
しかし少なくとも、肌にすでにダメージを抱えている人にとっては、「化粧品はそのダメージをカバーする道具に過ぎない。そしてそのダメージを隠す役割に過ぎない。」と思うんです。

私自身の経験からも、化粧品を乗り換え続ける日々の中には、とても大きな矛盾を感じておりました。

肌断食を始める前までは、プライベートの時間はいつも「新たな化粧品探しの時間」になっていました。

そのたびに化粧品を買って試しては結局期待はずれ。その繰り返しでした。

でも、そんなことを繰り返している内に、自分の肌のダメージはどんどん増えていくばかりなのに気が付きました。

良かれと思って買い続けていた化粧品に、疑問が湧いてきました。

そこで薄っすら気付いてきたのが、「化粧品を使い始めた頃が、同時に自分の肌悩みのスタートだった・・」ということです。

逆に言えば、

「肌に何もトラブルを抱えていなかった頃は、スキンケアなんて全くしていなかった。」ということなんです!!

あくまでも私自身の経験ですが、それでも多くの人がこの真実に身に覚えがあると思うんです。

汚肌ループの出口は、「自分の肌を自然な形」に戻すことでした。

肌に全くもってトラブルがない人ほど、自分の肌にダメージを与えていないと思うんです。

もちろん、どんなに化粧品を与えまくっても、どんなに生活環境が悪くても肌が荒れない、肌質が元々丈夫で強い人もいます。

だからといって、肌が元々弱い人がそういう人と同じスキンケアをしていては、いつか必ずダメージにつながっていきますよね。

だから大事なのは、自分自身の肌質を理解して、ダメージが出ているという事実に向き合って、そこからダメージをどれだけ減らしながら元あった健康な状態に戻していけるか。だと思うのです。

そして、

健康な強い肌になってから、「趣味の域」で化粧品の使用を楽しむ。

それが「化粧品に依存していない自立した肌」なのだと思うんです。

男性も女性も、歳がいくつであっても、肌の本質は変わらないはずです!!

なにも仙人になる必要はありませんけど、笑

しかし少しづつでも自然に沿った形に、自然な本来の健康な機能を持った肌に、育てていきましょう・・!!

 

ぜひこのサイトの肌断食の方法を見ていって下さい!

お読み頂いてありがとうございました。

 

関連記事
宇津木式1年経過男の洗顔やり方失敗しない石鹸&ワセリンの使い方ブログ

 



  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る