宇津木式スキンケア肌断食で一生ブレない肌へ。継続で乾燥や角栓は収まる

「継続の力」はバカにできない。

肌断食をやってみると、

「継続の力」というものは改めてすごいなあ、

と強く実感いたします。

 

1ヶ月目には絶対に想像できなかったことが、

10ヶ月も続けてみると、

とても大きな変化が起きているんですよね。

 

私の場合、それが肌の画像比較に顕著にあらわれています。

 

開始時と10ヶ月時の比較画像では、

変化の度合いがハッキリわかります。

 

でも、1ヶ月ずつ見ていくだけでは、

変化はほとんどわかりません。

 

たとえば、

昨今進化の著しいゲームの世界だって、

現在の時点で10年前のゲームを見てみると、

グラフィックやクオリティの成長が凄まじいことに気付きます。

 

当たり前のことですが、

10年前には想像もできなかった状態に進化していますよね。

 

ホラーゲームだって、

10年前の当時にプレイしていた作品を、

今現在やってみると、あまりのグラフィックの差に、

怖さはほとんど感じられないほどです。笑

 

でも、それが逆に

10年前の当時にいきなり現在のゲームが突如として

発売されたら、とてつもない進化ですよね!笑

「え!なにこれ現実みたいなリアルさ!画質良すぎっ!」

ってなりますよね。笑

 

ぎゅっと縮めて比較してみると大きな差になるのですが、

しかしそこでのリアルは、長い年月をかけて、

毎年毎年本当に少しづつの進化や変化があったはずです。

 

肌断食にもまったくおんなじことが言えると感じたんですよね。

 

肌も、10年前の自分の肌と、

今の自分の肌では、とてつもなく差があります。

 

画像を並べて比較するとその差は歴然なのですが、

実際の生活では、

毎日毎日の自分の行動やスキンケアによって、

ゆーーーっくりと変化していった結果だと思います。

 

それが間違ったスキンケアや、

ダメージを蓄積してしまうケアだったりすると、

10年前には同じ肌状態だった友人と

久しぶりに会ってみると、自分だけ肌の状態が劣化してる。

 

なんてことがよくあるんですね・・・。

 

1日1日の積み重ねで、

「こんなにも差が出来ていたなんて、、」と。

「気付いたときには何年も経ってしまっていた、、」と。

私はまさにそんな感じでした。笑

 

自分では正解だと信じてやまなかったスキンケアが、

7年程経ってから初めて肌にダメージを蓄積していたことに

気がつけたんですよね・・。

 

「継続の力」は、良くも悪くも凄まじいものです。

 

このブログだって、

始めたばかりの今は全然読者がいないですが、

2年後3年後には何十倍にも増加している可能性だって

十分にあります。

 

それは、途中で辞めない限り、

可能性は0にはなりません。

続ける限りはどんなに小さな差でも、変化し続けるんですよね。

 

肌だって、失敗に気づけて行動を変えたその日から、

自分が諦めない限りは、

必ずいい方向へ変化し続けていくことができるんですよね。

 

その行動が本当に本来の自分に合った行動なのか、

少しでも矛盾が生じていれば、

その矛盾を見て見ぬふりして行けば行くほどに、

いつかやり直すという時に困難な状況に成長してしまいます。

 

自分自身と真正面から向き合って、

自分の中の矛盾を見つめてあげることが重要だと思います。

 

自分の見られたくない部分、

自分の中の触れられたくない部分など、

そういう自分の内に向き合うことは、

自分が本当に自分らしく生きるためには、

必要不可欠になってくると感じています・・。

 

変化を実感するまでには、

時間はかかりますが、

継続の力によって手に入れた健康な肌は、

一生ぶれない強いものになっているはずです!

 

だからこそ私はこれからも肌断食を継続します。

 

誰にバカにされようと、

そんなの意味ないよ笑

とか言われようと、

続けたものにしか未来の成果は得られませんしね・・!

 

「継続の力」は凄まじい。

いつかわかる。

続ければわかる。

続けなければ見れない景色がある。

 

一朝一夕で得られるものなんて、

薄っぺらい。

 

きっとまた心から笑える日が来る・・。

 

 

関連記事
宇津木式1年経過男の洗顔やり方失敗しない石鹸&ワセリンの使い方ブログ

 



  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る