平和を求めて戦争をし続けてきた地球の歴史 あなたの正義は誰かの悪かも

戦争をなくすために戦争をする。

血で血を洗う戦いの歴史の上にある平和が、今の私達が手にしている平和の正体なんですよね。

 

誰かの正義を突き通すためには、誰かを悪として殺さなきゃいけない。

今まで何回そんな戦争を繰り返してきたんでしょうか??

 

自分が正しいから、相手が間違っているから、と。

 

その繰り返しの果てに生まれてきたのが、私達の世代の人間です。

今はなんでもできますよね?

不自由なく食べ物も食べられて、色んな科学技術も発達してる。

 

でも、どうでしょうか・・?

平和ですか?

昔の人々が争い求めてきた平和のなかにいるはずなのに、

なんでこんなに毎日が苦しいんでしょうか?

 

夢も希望もなくなって、自殺してしまう人がたくさんいるんでしょうか?

平和なんじゃないの? 幸福な世界になったんじゃないの??

 

私達の「幸せ」っていったいどこにあるんでしょうか・・?

それを見つけるために、また自分以外の人をすべて間違いだと否定して、戦争を起こすんでしょうか?

 

お前が間違ってる。お前は嫌いだ。だから消えろ。

そうやって争って、自分以外の考え方をする人間を消すんでしょうか・・?

 

自分の利益を脅かす者は、どんなに真理を言っていたとしても闇に葬り去る、

そんな現代の社会が、本当に平和なんでしょうか??

 

私たちはなにか大事なモノを忘れていませんか・・??

私達全員が両親の愛の元に生まれてきた、

幸せな世界を夢見て生まれてきた、純粋な命。

 

その生命に優劣なんかつける必要あるんでしょうか??

愛の心はどこに忘れてきた??

尊重しあって、一緒に泣いて笑って、全人類や全生命が愛し合える世界になるのは、

いったいいつなのでしょうか??

 

気付いた人から愛は拡がるはず。

私たちはみんなほんとは知ってるんです。

忘れているだけなんです。

 

肌の色が違くても、生まれた国が違くても、

考え方や宗教や思想が異なっても、

みんな一つの地球に生まれてきた、かけがえのない命じゃないですか。

 

愛が足りないから、相手を攻撃するんです。

不安や恐怖があるから、力で支配するんです。

 

一人一人の生きる世界に、

ほんの少しの愛があれば、当たり前の日常に愛を持てたら、

どれだけ愛に溢れた世界になるんでしょうか?

 

私たちはみんなを求めているんです。

自分を愛し、相手も愛せる世界を待っている。

 

今までの世界の終わりを始めましょう・・・!!

 

お読み頂いてありがとうございました。

この記事は、SEKAI NO OWARIの「Love the wars」という曲を

聴いてみて私なりの気持ちを綴った文章です。

良ければあなたもぜひ一度聴いてみて下さい!!



  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

  5mail

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る